ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成25年10月 > 東京文化財ウィーク2013  平原逸郎スケッチ展『日本全国洋館漫遊記』

マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

東京文化財ウィーク2013 平原逸郎スケッチ展『日本全国洋館漫遊記』

自由学園明日館 で29日(火曜日)から開催

報道発表日:平成25年10月16日

問い合わせ:自由学園明日館 電話03-3971-7535

東京文化財ウィーク2013にあわせ、国の重要文化財に指定されている自由学園明日館で「平原逸郎スケッチ展『日本全国洋館漫遊記』」が開催される。10月29日(火曜日)から11月4日(月曜日)まで。
平原さんの作品は、2007年の文化財ウィークにも『こんなにあったか東京の近代建築』と題し、約100点がここ自由学園明日館に展示された。その展示内容は「文化財である建造物の活用と、その雰囲気に合った展示内容としての企画に優れ、文化財の保護に対する普及活動にも貢献した」と高く評価され、その年の東京都知事賞を受賞している。
それから6年、東京のみならず全国に及んで描かれた平原さんの作品も500点を超えるほどになった。今回はその中から選りすぐりの作品200点(47都道府県より100点、都内近代建築100点)を取り上げ、さらに発展した展示会を開催する。
自由学園の担当者は「“芸術の秋”にふさわしく、池袋にいながらにして全国各地の洋館巡り、そして使いながら保存されている重要文化財を満喫いただける、そんなイベントにぜひお越しください」と来場を呼びかけている。

東京文化財ウィーク2013 平原逸郎スケッチ展『日本全国洋館漫遊記』

  • 期間 2013年10月29日(火曜日)から11月4日(月曜日)
  • 会場 自由学園明日館(西池袋2-31-3)
  • 時間 10時00分から17時00分(最終入館16時30分)
  • 入場料 明日館の見学券をお買い求めください。
    見学券400円、喫茶付見学券600円

平原逸郎(ひらはら いつろう)
昭和15年(1940)新潟県三島郡大津村(現長岡市)生まれ。武蔵野市在住。
機械・器具などの構造図、取扱説明図、分解図などの製作の傍ら、趣味として水彩画を描いているうちに、洋館の美しさに魅せられ、各地の洋館を訪ねてスケッチするようになる。

『東京駅』平原逸郎

前回の展示風景

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日