ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成25年11月 > <予告>読書の秋 本がさらに好きになる祭典にでかけよう

マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

<予告>読書の秋 本がさらに好きになる祭典にでかけよう

「豊島区立小・中学校読書フェスタ」 開催

報道発表日:平成25年11月5日
問い合わせ:教育指導課 電話:03-3981-1146

11月9日(土曜日)午後2時から4時まで、南大塚ホール(南大塚2-36-1)にて、今年も「豊島区立小・中学校読書フェスタ」が開催される。

今年で5回目を迎えるこのイベントは、読書を通して豊かな言葉や考える力を身につけ、読書が好きな子どもを増やすことを目指して、区教育委員会が開催。例年区立小・中学校の児童・生徒に人気のイベントだ。

当日は、読書感想文コンクールの表彰・発表会や、子どもたちによる日頃の読書を通した小・中学生の交流活動や本の紹介、「おすすめの本紹介カード」コンクールの表彰などが予定されている。「おすすめの本紹介カード」とは、子どもたちが薦めたい作品をイラストと文章で紹介したもの。区立小・中学校代表の約400点から選ばれた入賞作品9点が表彰される。コンクールに出品された紹介カードはフェスタ終了後、区立図書館にパネル展示される。同年代の子どもが作成した色とりどりの紹介カードは、これまであまり読書をしていなかった子どもたちにも興味を持ちやすく、この展示を楽しみに図書館に足を運ぶ方も多い。また、会場には区立図書館から選ばれた新刊本やおすすめの本などを紹介するコーナーも設置され、来場者は用意された本を自由に手に取って読むことができる。

さらに今年は、図書館司書によるブックトークも行なわれる。これは、1つのテーマに関する本を複数紹介し、「読んでみたい」「開いてみたい」と感じる本に出会ってもらうもの。今回は“自然”をテーマに10冊の本を紹介する。

担当者は「読書フェスタに参加して、いっそう本を好きになってください」と来場を呼びかけている。

「おすすめの本紹介カード」入選作品(小学生)

「おすすめの本紹介カード」入選作品(中学生)

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日