ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成25年11月 > 豊島区のいろいろな風景が凝縮された1冊

マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

豊島区のいろいろな風景が凝縮された1冊

「豊島区の観光 ポストカードブック」好評販売中

報道発表日:平成25年11月25日

問い合わせ:文化観光課 観光交流グループ 電話03-3981-1316

「豊島区の観光 ポストカードブック」が好評販売中だ。これは、池袋駅の北口にある「北口路上美術館」の第1回目の展示作品36点を、ポストカードブックとしたもの。

「北口路上美術館」とは、池袋北口から東武東上線の線路沿いに設けられている約140メートルのブロック塀を化粧直しし、展示場所として活用したもので、現在区の観光スポットの一つとなっている。暗く汚いと言われていた池袋北口のマイナスイメージを刷新し、来街者に安全安心な繁華街・池袋をアピールするとともに、文化発信の場として活用することを目的に、池袋の新たな観光スポットとして平成23年の11月にオープンした。展示する内容は、概ね1年毎に変更している。

本ポストカードは、本年3月に記念品として限定500部制作し配布したところ、好評だった。そのため、イベント等で販売を行なったところ、売れ行きが好調で、この度500部増刷し、さらにカバーをリニューアルして発行。カバーイラストには、「みんなのえんがわ池袋」という商店街の空き店舗を利用した交流広場で生まれたふくろうのキャラクター「えんちゃん」が使用されている。

ポストカードとなった作品の中には、ふくろ祭りやフラフェスタ等の区内のイベントを写したものから、鬼子母神やサンシャインなどの観光名所、中には晴れ渡る青空や夜の池袋駅周辺の風景をとらえたものもある。

担当者は、「豊島区の魅力が、1冊にぎゅっとつまっているポストカードブックです。かわいいカバーがついて手に取りやすくなっていますので、おみやげにしても、プレゼントにしても喜ばれるでしょう。ぜひ、お買い求めください」と話す。なお、販売場所、価格等については下記の通り。

概要

豊島区の観光 ポストカードブック

  • 販売価格:1冊300円(税込)
  • 規格:はがきサイズ・36枚
  • 販売場所:文化観光課、行政情報コーナー

豊島区の観光 ポストカードブック

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日