ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成25年12月 > (予告)クリスマスは大切な人と心にしみる名作を

ここから本文です。

(予告)クリスマスは大切な人と心にしみる名作を

あうるすぽっとホワイエリーディング劇団昴「クリスマス・キャロル」開催

報道発表日:平成25年12月20日
問い合わせ:あうるすぽっと 電話03-5391-0751

24日・25日の2日間、あうるすぽっとホワイエ(劇場ロビーエントランスホール)にて、ホワイエリーディング劇団昴「クリスマス・キャロル」が開催される。

これは、クリスマスのこの時期に、チャールズ・ディケンズの名作「クリスマス・キャロル」の朗読劇を、ピアノの生演奏とともにお届けするもの。今年で7回目の開催となる。平成22年までは有料公演であったが、「劇場は敷居が高い」、「幼い子どもを連れて劇場へ足を運びにくい」と感じている方にも、気軽に劇場に来ていただけるよう平成23年より会場をホワイエに移し、さらに、入場無料としたことで、多くの方が来場する人気イベントとなった。今年もホワイエでの開催で、入場無料・予約不要。誰でも入場可能だ(先着100名)。

「クリスマス・キャロル」は、主人公スクルージがクリスマスに起きた不思議な体験を通じて改心し、新しい人生を歩む慈しみの物語。クリスマスイブの夜、けちで頑固な老人スクルージのもとに、死んだ同僚マーレイの亡霊が訪れる。そして、「過去」「現在」「未来」の3人の精霊が現れ、スクルージを“時空を超えた不思議な旅”へと連れ出す。スクルージが目にしたのは、孤独だった少年時代、貧しくも温かな愛情にあふれる家族、そして、悲しい未来の自分の姿。スクルージは激しい衝撃に襲われるが、彼が経験した悪夢のような未来をまだ変えることができる可能性があることを知り、心を入れ替え、周囲の人々に温かくふるまう。

人間の心の暗闇にも触れつつも、未来への希望を家族愛・隣人愛等を通じて描いた、心温まるクリスマスにぴったりの物語。担当者は、「どなたでもお楽しみいただける、人気の朗読劇です。ぜひこの機会にあうるすぽっとにお越しください。」と話している。

是非、クリスマスはあうるすぽっとで名作を楽しんではいかがだろうか。

日時

平成25年12月24日(火曜日)・25日(水曜日)午後3時開演

※入場無料・予約不要(先着100名)

場所

あうるすぽっとホワイエ(東池袋4-5-2)

主催

あうるすぽっと(公益財団法人としま未来文化財団)/豊島区

昨年の様子1.

昨年の様子2.

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日