ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成25年12月 > 年末の振り込め詐欺にご用心

ここから本文です。

年末の振り込め詐欺にご用心

地域のクリスマス会で ピーポ君が啓発活動

報道発表日:平成25年12月20日
問い合わせ:区民ひろば仰高 電話:03-5907-3471

本日、区民ひろば仰高で開催されたクリスマス会に、警視庁のシンボルマスコット・ピーポ君が駆け付け、「年末の振り込め詐欺にご用心」と注意を呼びかけた。

区民ひろば仰高は、世代間交流ができる施設として、先月5日に開設。豊島区駒込の静かな住宅街の好環境に位置し、1階に「子育てひろば」と「交流・いきいきひろば」、2階には多目的室があり、おはなし会や健康体操など、子どもや高齢者向けの多彩な事業を展開している。

開設後、最初となるクリスマス会には、近隣の親子や高齢者など122名が集まった。会場には職員らが手作りしたクリスマスデコレーションが飾られ、クリスマスの雰囲気を盛り上げている。

ピーポ君が登場すると会場の子どもたちからは歓声があがった。11月末現在の振り込め詐欺の被害総額は10億円より高いかという問いかけに、ピーポ君は手でバツを作り、もっと低いと主張。署員から「正解は77億円を超えており、巣鴨管内では5,000万円を超えてしまった」と教えられると、参加者からも驚きの声がきかれた。「かわいい息子や孫から助けを求められたら、どんなことをしてでも助けたいと思う親心を利用したのが振り込め詐欺。一度落ち着いて、周囲に相談して」と職員とともに呼びかけた。また、「振込め詐欺見張隊」という着信時に振り込め詐欺を抑止する音声を再生し、通話を自動録音する装置の紹介がされると、参加者は興味を持ってきいていた。娘と参加した母親は、「ピーポ君がいたので子どもも喜んだ。年末に帰省するので、親が被害に遭わないように気をつけたい」と話した。

また、クリスマス会ではその後、地域の方々による讃美歌の合唱や、児童合唱団によるクリスマスソングとハンドベルの演奏も行なわれ、参加した方々は一足早いクリスマスを楽しんだ。

日時

平成25年12月20日(金曜日)午後1時30分から3時まで

場所

区民ひろば仰高(駒込4-12-3)

問いかけに答えるピーポ君

ピーポ君と注意を呼び掛ける

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日