ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成26年5月 > 過去最大規模で「池袋ジャズフェスティバル2014」を開催

マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

過去最大規模で「池袋ジャズフェスティバル2014」を開催

5月17日・18日は池袋西口で野外ステージを楽しみませんか

報道発表日:平成26年5月12日

問い合わせ:文化観光課 03-3981-1316

5月17日(土曜日)、18日(日曜日)の両日、池袋西口周辺において「池袋ジャズフェスティバル2014」が開催される。池袋西口公園を中心に10か所11会場で過去最大規模での開催となる。
このイベントは、「音楽でまちおこし」をテーマに2004年に始まった。2009年からは一般公募でアマチュアバンドが参加できるストリート・フェスティバルに代わり、以来、年々参加者数が増え、今年は過去最大の230バンド、約1,800名が参加するビッグイベントに成長した。セミプロ・アマチュアを中心に、パフォーマーが池袋西口の各会場で自慢の技を競い合う。
「ジャズフェスティバル」ではあるが、ファンク、ポップス等、さまざまなジャンルの曲が演奏され、街が音楽であふれる。また好評の「すべての会場をまわるスタンプラリー」も行われる。池袋西口駅前広場に用意された台紙を入手しスタート、すべての会場に設置されたスタンプを集め、ゴールの池袋西口公園会場の窓口へ持参すると、各日先着100名に「オリジナルピックキーホルダー」がもらえる。スタンプラリーのルールは「すべてのスタンプを集める」「池袋ジャズフェスティバルを楽しむ」「各会場で必ず演奏を聴く」こと。さらに今年はスイス出身で世界的に活動しているジャズピアニスト、クロード・ディアロ氏が特別ゲストとして参加予定。
実行委員長の山口さんは、「青空の下、少人数編成からビッグバンドまで、どの会場に行っても、様々な音楽と出会えます。二日間、思いっきり楽しんでください」と来場を呼びかけている。
池袋駅西口エリアでは、5月15日から28日まで「まち全体が美術館」をテーマに「新池袋モンパルナス西口まちかど回遊美術館」も開催される。すてきな音楽を聴きながら、芸術を楽しむこともできる街、池袋西口にぜひお出かけください。

日時

平成26年5月17日、18日(土曜日、日曜日)午前11時20分から午後8時頃まで
(演奏時間は各会場により異なる。)

場所

池袋駅西口周辺、以下の計10か所11会場
池袋西口公園(2会場)、池袋西口駅前広場、マルイシティ池袋前、元池袋史跡公園、タワーグランディア前広場、東武百貨店8階屋上スカイデッキ、メトロポリタンプラザビル1階自由通路、ルミネ8階イケレスガーデン、東京芸術劇場前広場、ミュージックスタジオ・フォルテ芸劇店前

主催

池袋ジャズフェスティバル2014実行委員会

写真

昨年のジャズフェスティバル(池袋西口公園)

昨年のジャズフェスティバルの様子(駅前)

関連情報

池袋ジャズフェスティバル2014のホームページ(新しいウィンドウで開きます)

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日