ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成26年5月 > 5月31日に「ジュニア・アーツ・アカデミー」が開校

マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

5月31日に「ジュニア・アーツ・アカデミー」が開校

子ども芸術体験ワークショップに約130人の子どもたちが挑戦

報道発表日:平成26年5月28日

問い合わせ:公益財団法人としま未来文化財団 プランセクション 電話03-3590-7118

5月31日(土曜日)午後2時から、豊島区民センター6階文化ホール(東池袋1-20-10)において「ジュニア・アーツ・アカデミー」開校式が開催される。

「ジュニア・アーツ・アカデミー」は、平成16年、豊島区内の子どもを対象に音楽のワークショップとして発足した。今年度は、狂言、日本舞踊、演劇と、これまでに別々に開催していたワークショップと更にダンスを加えた5コースで、新たな「ジュニア・アーツ・アカデミー」として開校する。

幼稚園児から高校2年生と幅広い計128人の子どもたちが、日本の伝統文化を含む様々な分野の文化芸術コースで10から24回のワークショップを体験する。他コースの見学会等も予定されており、12月23日の合同発表会に向け取り組んでいく。

31日は、参加者が一堂に会し、各コースの講師たちとともに開校式を行なう。各コースの指導講師は以下のとおり。

〔コース別参加人数と各コース講師〕(敬称略)

  • 音楽コース(64人):坂本 和彦(さかもと かずひこ)
  • 狂言コース(12人):野村 万蔵(のむら まんぞう)(当日はビデオメッセージでの参加)
  • 日本舞踊コース(30人):としま区日本舞踊家集団
  • 演劇コース(19人):高木 達(たかぎ とおる)
  • ダンスコース(16人):鷲田 実土里(わしだ みどり)
    • (2コース参加する子どももあるので述べ人数は141人)

なお、当日の開校式終了後、演劇コースの第1回目がスタート。初回は『お互いを知る』をテーマに、シアターゲームと呼ばれる遊びを通して演劇に大切な様々な要素の練習を行なう。他のコースの子どもたちにも参加を呼びかけワークショップが行なわれる。

「平成25年度ジュニア・アーツ・アカデミー10周年記念コンサート(現:音楽コース)」

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日