ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成26年6月 > “演劇の街 池袋”で 地域密着型演劇祭が9月に開催

ここから本文です。

“演劇の街 池袋”で 地域密着型演劇祭が9月に開催

「第26回池袋演劇祭」審査員100名を募集中

報道発表日:平成26年6月6日
問い合わせ:豊島区舞台芸術振興会「池袋演劇祭実行委員会」事務局
電話:03-3985-0960

地域密着型の演劇祭「池袋演劇祭」の審査員100名を、同事務局が募集中だ。6月15日(日曜日)まで(往復はがきの場合は必着)。
豊島区では、池袋を中心に数多くの小劇場やアトリエが存在し、演劇を志す若い人々が集うなど、昔から演劇活動が盛んだ。本演劇祭は、そうした「演劇の街・池袋」をアピールするため、毎年9月の1か月間開催されるもの。今年で26回目の開催を迎える。

本演劇祭の特徴の1つは、「誰でも参加できる」をコンセプトに、区内外を問わず審査員を公募すること。選ばれた審査員は、事務局が指定する劇団の公演を鑑賞して採点する。この採点を基に大賞他各賞を選出、表彰が行われるが、現在、この演劇祭の要である審査員100名を絶賛募集中だ。審査員になったら、数公演の無料・割引鑑賞券が配付されるなどの特典もあるので、多くの公演を観るチャンスにもなっている。

今年は、関西方面からの劇団の参加もあり、40近い劇団が参加予定。回を重ねるごとに、地域はもとより各方面からの関心も高まっている。今では地元をはじめ区内外問わず多くの人々に親しまれるイベントとなっている演劇祭に、今年は審査員として参加するのも、また一味違った楽しみ方ができるかもしれない。

担当者は「審査員になる事で、色々な芝居と出会う事ができ、また、劇団の方との交流する機会などもある。普段演劇を観る機会がない方でも楽しむことができる一か月間になると思うので、是非応募の上、ご参加いただきたい。」と応募を呼びかけている。

募集期間

平成26年6月15日(日曜日)まで

応募条件

  • (1)18歳以上で、演劇祭行事に積極的に参加できる方(説明会、劇団との意見交換会等あり)。
  • (2)開催期間中、事務局が指定する3から5公演を必ず鑑賞して指定の採点表に記入し提出できる方。

(注釈)応募者多数の場合は抽選。指定公演他、数公演の無料・割引鑑賞券を差し上げます。

申し込み方法

往復はがきの場合

往復はがきに「審査員希望」と明記し、住所・氏名(フリガナ)・年齢・性別・電話番号・メールアドレス・審査員経験回数を記入の上、返信ハガキの表面に住所・氏名を明記して下記までお送りください。
〒170-0013 豊島区東池袋4-5-2ライズアリーナビル3階 あうるすぽっと内
池袋演劇祭実行委員会 宛

池袋演劇祭ホームページ応募フォームの場合

関連情報の池袋演劇祭公式ホームページから必要事項を記入しお申し込みください。

写真

2分間で演劇祭の公演のコマーシャルを行なう予告編・CM大会の様子(昨年度)

昨年度 大賞受賞作品 劇団バッコスの祭「押忍!龍馬」

関連情報

池袋演劇祭公式ホームページ(新しいウィンドウで開きます)

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日