ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成26年6月 > 在宅療養者や障害者等の最適な歯科医療をサポート

ここから本文です。

在宅療養者や障害者等の最適な歯科医療をサポート

6月より歯科相談窓口を開設

報道発表日:平成26年6月9日
問い合わせ:地域保健課 電話03-3987-4243

豊島区は、今月3日より、あぜりあ歯科診療所(東池袋1-20-9)内に、歯科相談窓口を開設した。
これは、主に在宅療養者や障害者、がん患者等一般の歯科受診が困難な方に対し、最適な歯科治療の相談に対応できるように開設されたもの。一般の歯科受診困難者の口腔ケアに着目した専門相談窓口の設置は、他区では見られない取り組みだ。

近年、歯周病が全身の疾患と関係していることが明らかになる等、歯と口腔の健康は、全身の健康に大きく寄与することが分かっている。また、食生活や社会環境の変化による歯科口腔に関する課題が注目される中で、本区では、平成25年4月に「豊島区歯と口腔の健康づくり推進条例」を施行。本年の3月には条例の実効性を確保するため、「豊島区歯と口腔の健康づくり推進計画」を策定した。今回の窓口設置は、本計画に位置付けられた障害者や要介護者等に対するメニューの一つ。今後、高齢者人口の伸びによる長寿化に伴い、在宅医療の需要が増えることを想定し、さらに、障害者等が円滑に治療を受診できるよう、地域医療体制の整備に先手を打った形だ。

歯科相談窓口では、在宅で受診可能な歯科はあるか、がんの手術を受けるにあたり歯の治療やケアはどうすればいいか等、区民はもちろん、医療機関や事業所からの口腔ケアの相談を受ける。また、必要に応じて病院・医院・高齢者総合相談センター等の地域の関係機関につなぐなど、総合的なコーディネートを行なう。相談方法は、電話相談が基本で、受付は、祝日・年末年始を除く火曜日から土曜日までの午前9時から午後4時30分。今後、ホームページでも相談を受け付ける予定だ。

窓口は、一般の歯科受診が困難な患者にも対応しているあぜりあ歯科診療所内に設置されていることが強みで、相談から治療までスムーズな調整が可能。また、在宅医療相談窓口と連携する等、歯と口腔の健康づくりを効果的に推進するため、関係機関との連絡調整を密にしていく。

区担当者は、「たかが歯と考えず、おいしい食事、楽しい会話、そして心身の健康もまずは歯と口腔の健康から。」と話している。

歯科相談窓口概要

受付時間

火曜日から土曜日まで(祝日・年末年始を除く)午前9時から午後4時30分まで

場所

豊島区東池袋1-20-9 池袋保健所6階 あぜりあ歯科診療所内

相談料

無料

電話番号

03-3987-2370

関連情報

あぜりあ歯科診療所ホームページ(新しいウィンドウで開きます)

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日