ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成26年8月 > シェイクスピア城のお庭に自分だけの花を咲かせませんか

マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

シェイクスピア城のお庭に自分だけの花を咲かせませんか

あうるすぽっとホワイエに 段ボールのお城と「布のイングリッシュガーデン」が登場

報道発表日:平成26年8月1日
問い合わせ:あうるすぽっと 電話:03-5391-0751

本日より、あうるすぽっと ホワイエ(豊島区立舞台芸術交流センター2階)にて、展示「シェイクスピア城」が開催されており、シェイクスピアをイメージした段ボールのお城と「布のイングリッシュガーデン」が出現している。期間は8月1日(金曜日)から3日(日曜日)と、12日(火曜日)から31日(日曜日)まで。

あうるすぽっとでは、今年シェイクスピア生誕450周年を迎えることを記念して「あうるすぽっとシェイクスピアフェスティバル2014」を開催している。円熟のベテランから新進気鋭の若手演出家による演劇のみならず、ダンス・音楽・演芸など、舞台芸術の第一線で活躍するアーティストが多数出演。年間を通してシェイクスピアに関する公演を行なっており、今月から12月までは、「ハムレット」や「マクベス」、「しぇいくすぴあ寄席」、「ロミオとジュリエットのこどもたち」など13の演目が予定されている。

今回の展示は同フェスティバルの“顔”となる企画。段ボールによる独自の作品世界で知られる本濃研太(ほんのう げんた)さんによる「シェイクスピア城」は高さ3メートル以上。見上げた先端には池袋を象徴するフクロウが飾られ、入り口には、シェイクスピア本人をモチーフとした段ボール製の胸像が置かれている。中に入ると、内側にはシェイクスピアの名台詞をしゃべる登場人物が飾られ、台詞当てクイズも用意されている。ファブリック作家のYuca Takahashiさんによる「布のイングリッシュガーデン」は、来場者が布の花を作成し、布のつたで覆われたアーチに巻き付けて花を咲かせるという参加型のフラワーガーデン。

本日開催されたワークショップ「Yucaさんと自分だけのお花を作ろう!」では、来場した親子がYucaさんのアドバイスのもと、好きな色の布を細長く割いて色とりどりの花を完成させ、アーチに飾った。展示期間中は、会場に布やテープ等が用意されており、だれでも自由に花を作成し、飾ることができるようになっている。Yucaさんは「布には様々な質感があり、温かみもあります。個性が輝くあなただけのお花をぜひ作ってください。」と来場を呼び掛けている。

展示作品は目で見て楽しむだけでなく、触れることも可能。シェイクスピアの世界をのぞき、イングリッシュガーデンを一緒に完成させに来てみてはいかがか。

日時

平成26年8月1日(金曜日)から3日(日曜日)、12日(火曜日)から31日(日曜日) 午前10時から午後5時まで 入場無料

場所

あうるすぽっと ホワイエ(東池袋4-5-2 ライズアリーナビル2F)

写真

会場の様子

自分だけのお花をつくろう

アーチに花を飾り、イングリッシュガーデンを完成させる

関連情報

豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(新しいウィンドウで開きます)

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日