ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成26年8月 > 災害時の情報発信力を強化します

マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

災害時の情報発信力を強化します

ヤフー株式会社と「災害に係る情報発信等に関する協定」を締結

報道発表日:平成26年8月8日
問い合わせ:防災課 計画グループ 電話03-3981-2100

豊島区は8月7日(木曜日)、ヤフー株式会社(港区赤坂9-7-1)と「災害に係る情報発信等に関する協定」を締結した。

これは、災害時に必要な情報をウェブサイト上でより迅速で確実に発信することを目的に、同社から提案を受け、協定の締結に至ったもの。同社との同様の協定締結は、23区内では品川区、文京区、練馬区に次いで豊島区が4番目となる。

協定の主な内容は、以下のとおり。

  1. ヤフーは、豊島区ホームページの災害時の負荷を軽減するため、豊島区ホームページのキャッシュサイトをヤフーサービス上に掲載し、閲覧できるようにする。
  2. 豊島区内の避難所等の防災情報を、平常時からヤフーサービス上に掲載し、広く周知する。
  3. 豊島区内の避難勧告、避難指示等の緊急情報をヤフーサービス上に掲載し、広く周知する。
  4. 災害発生時の豊島区内の被害状況、ライフラインに関する情報、避難所におけるボランティア受け入れ情報をヤフーサービスに掲載し、広く周知する。
  5. 豊島区内の避難所等における必要救援物資に関する情報をヤフーサービス上に掲載し、広く周知する。

区担当者は、「この協定に基づいた取り組みを進めることにより、災害時に区民等へ必要な情報を確実かつ多様な手段で提供することができるようになる。」と話している。

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日