ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成26年8月 > 20日に「としま教育フォーラム」開催 学力日本一への挑戦!

マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

20日に「としま教育フォーラム」開催 学力日本一への挑戦!

秋田県能代市、福井県も参加し学習指導・教育活動の今後を考える

報道発表日:平成26年8月18日
問い合わせ:教育指導課 電話03-3981-1146

20日(水曜日)、午後2時から、豊島公会堂において「としま教育フォーラム」が開催される。

学力向上サミット「学力日本一への挑戦!」をテーマに、豊島区立幼稚園、小・中学校の教員、保護者ら約700人が共に学力日本一をめざす授業改善を考える。

平成25年1月、豊島区は全国学力学習状況調査の成績トップの秋田県、その中でも上位の能代市と教育連携協定を締結した。自治体間で「教育」をテーマにした連携は例がなく、全国でも初であり、今回の「としま教育フォーラム」も本協定に基づき開催されるもの。本年は、全国学力調査結果が連続上位の成績をあげている福井県も参加し、3自治体で子どもたちの学力向上へ向けた取り組みを共有する。
フォーラムは、第1部の「授業実践」と第2部の「シンポジウム『学力の二極化にどう対応するか』」で構成されている。

第1部の授業実践では、公会堂舞台を教室に見立てて区立池袋中学校牧野崇主幹教諭が同校2年の生徒13人に理科の示範授業を行なう。さらに、能代市、福井県で行なわれている社会科や算数の授業について、映像やパワーポイントを活用して紹介される。

第2部のシンポジウムでは「学力の二極化にどう対応するか」をテーマに、三田一則豊島区教育委員会教育長、須藤幸紀能代市教育委員会教育長、牧田秀昭福井県教育研究所調査研究部長らをシンポジストとして開催し、「これからの時代に求められる学力、学習指導」について討論される。

なお、今回のフォーラムには、能代市から17人、福井県から4人が参加する。能代市からの参加者は、21・22日に区立小・中学校、教育センター等の視察を行う予定。

三田教育長は、今回のフォーラム開催にあたり「全国学力学習状況調査で好成績を上げている秋田県と福井県の実践や、シンポジウムから多くのことを学び、豊島区の子どもたちの学力向上のために、このフォーラムを生かしてほしい」と語っている。

としま教育フォーラム概要

日時

8月20日(水曜日)午後2時から4時30分

会場

豊島公会堂(東池袋1-19-1)

内容

【第1部】

豊島区立中学校の授業実践 理科(示範授業)
秋田県能代市の授業実践について
福井県の授業実践について

【第2部】

シンポジウム「学力の二極化にどう対応するか」
豊島区教育委員会 三田 一則 教育長
能代市教育委員会 須藤 幸紀 教育長
福井県教育研究所 牧田 秀昭 調査研究部長

昨年の「としま教育フォーラム」での模擬授業

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日