ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成26年9月 > 自社の製品や技術を多くの人にPRできる3日間

ここから本文です。

自社の製品や技術を多くの人にPRできる3日間

都内最大級の産業見本市「第8回としまものづくりメッセ」出展者募集中

報道発表日:平成26年9月18日

問い合わせ:としまものづくりメッセ実行委員会事務局(生活産業課内)

電話:03-5992-7089

現在、平成27年3月5日(木曜日)から7日(土曜日)に開催される産業見本市「第8回としま ものづくりメッセ」の出展者を募集している。11月7日(金曜日)まで。

「としまものづくりメッセ」は、区内企業を中心に、区の基幹産業である印刷業をはじめ、精密機械、金属製品等の製造業や独自の技術を持った企業などがそれぞれ優れた製品や高い技術を一堂に展示する、都内最大級の産業見本市。販路拡大や企業間交流を通じて、ものづくり企業のさらなる発展を支援し、地域経済の活性化を図ることを目的としている。例年、会場では多彩な企画を用意しており、来場者は毎回増加。前回は、3日間で19,275人が来場し過去最多となった。

ビジネスパーソンをターゲットにしたビジネスセミナー、交流会などのビジネスマッチングを目的とした企画が実施されるなど、出展者に大きなメリットがあることが本メッセの特徴。前回出展した出展者の約8割が、販売促進・PRの場として「かなり効果があった」「効果があった」と回答し、「消費者の生の声を聞くことができ、今後の参考になった」「多くの来場者に自社の製品や技術のPRができた」などと、高い満足度を得ている。また、会場内には、商談や情報交換のスペースが用意され、新たな販路拡大や情報交換の場として活用できるようになっており、「異業種の企業との関係性が生まれた」などの声もあがっている。

会場では、一般の方向けに親子で楽しめる体験教室など、ものづくりに触れる多彩な企画も実施しており、来場者が地域産業への理解を深める機会にもなっている。

また、今回は初めて大正大学表現学部の学生が出展案内のCM映像を制作した。学生が撮影した前回の様子や出展者のインタビュー等を90秒に凝縮し、魅力を伝える内容となっている。

区担当者は、「豊島区を中心にものづくり企業が一堂に会する機会なので是非出展頂きたい。」と話している。

<出展案内>

  1. 対象 企業及び団体など
  2. 出展料
    54,000円/1小間(小間規格…間口約3メートル×奥行約2メートル×高さ2.4メートル)
    32,400円/1小間(小間規格…間口約1メートル×奥行約0.5メートル×高さ2.4メートル)
  3. 申し込み方法

申込書(ものづくりメッセホームページからダウンロード)に必要事項を記入の上、FAXまたは郵送で、11月7日までに当実行委員会事務局へ(注釈)出展までのスケジュールについては要問合せ。

<第8回としまものづくりメッセ出展案内CM>
YouTube「としまななまるチャンネル」より配信中(ものづくりメッセホームページからも配信予定)

日時

平成27年3月5日(木曜日)から7日(土曜日)まで午前10時から午後5時まで(最終日は午後4時まで)

場所

サンシャインシティ展示ホールB(豊島区東池袋3-1-4)

入場料

無料

主催

としまものづくりメッセ実行委員会

写真

賑わう会場(前回)

会場の様子(前回)

関連情報

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日