ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成26年10月 > 「智が遊ぶ杜 光あふれる健やかな」豊島区立目白小学校新校舎が完成

マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

「智が遊ぶ杜 光あふれる健やかな」豊島区立目白小学校新校舎が完成

10月11日、午前に落成式、午後には施設見学会を開催します

報道発表日:平成26年10月8日
問い合わせ:施設の特徴については、学校施設課 電話03-3981-1143
落成式については、教育総務課 電話03-3981-1141

10月11日(土曜日)、目白小学校(目白2-11-6)にて、新校舎の落成式及び一般向け施設見学会が開催される。

完成した目白小学校新校舎のコンセプトは、「智が遊ぶ杜 光あふれる健やかな目白小」。門の前には、樹齢80年のヒマラヤスギ、四季を感じるソメイヨシノが子どもたちを温かく迎える。また、本区は、全国学力学習状況調査で連続全国トップの秋田県の中でも上位の能代市と教育連携協定を締結しているが、校舎にはこの教育連携を記念して、能代産の秋田杉を多く使用。落ち着いて学習ができる空間となっている。

さらに、校庭には子どもたちが設計したビオトープを整備するなど、環境にも配慮。校舎の中心にはタブレット型端末を活用して調べ学習ができる「学習情報センター」を設置し、各教室には最新の電子黒板を整備するなど、21世紀の教育の情報化に対応した造りになっている。地域交流・防災の拠点としての機能も備えており、地域開放施設「ヒマラヤホール」や、体育館には冷暖房を設置し、災害時に避難所として機能するよう整備した。

11日の午後2時からは、目白のまちと調和した新校舎を見学できる「新校舎施設見学会」が行なわれる。事前申し込み不要・誰でも自由に参加可能で、未来を担う子どもたちが集い学ぶ新校舎を、じっくりご覧いただけるチャンスとなっている。

施設見学会概要

【日時】

平成26年10月11日(土曜日)午後2時から午後4時30分まで
(注釈)事前申し込み不要、上履き持参のこと。

施設概要

【所在地】豊島区目白2-11-6

【敷地面積】8,351.25平方メートル

【校庭面積】2,250平方メートル

【建築面積】3,597.34平方メートル

【延床面積】8,017.11平方メートル

【構造】鉄筋コンクリート造 地上4階

【主な設備】

全室冷暖房化、体育館冷暖房化、トイレ洋式化(各階に温水自動洗浄便座)、各階多目的トイレ、木製家具(一部秋田杉使用)、マンホールトイレ、非常用電源装置、太陽光発電設備(10KW)、ヘリサイン、屋上緑化、ビオトープ、プロジェクター付電子黒板

ヒマラヤスギがそびえたつ校舎正面

緑に包まれた校舎(目白通り側外観

屋上庭園

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日