ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成26年11月 > 実りの秋 今年も宮城の新米を食べよう

ここから本文です。

実りの秋 今年も宮城の新米を食べよう

駒込小学校では食育体験型学習会も開催

報道発表日:平成26年11月18日
問い合わせ:子どもの様子や学校について:駒込小学校 電話03-3918-5691
「宮城米給食の日」、宮城県の取組みについて:宮城県東京事務所 電話03-5212-9045

本日、駒込小学校にて「食材王国みやぎ給食の日・みやぎ食育体験型学習会」が開催された。これは、区内の小中学校で、宮城県産の新米を使った給食がふるまわれる「宮城米給食の日」(本日から26日までの間に1回)の実施にあたり行なわれた食育プログラム。

豊島区では、平成17年10月に宮城県と相互交流宣言を行なったことをきっかけに、全区立小・中学校を対象に、食育を学びながら毎年宮城県から贈られる新米等を献立に取り入れる「宮城米給食の日」を、平成18年より実施している。次世代を担う子どもたちに、「食材王国みやぎ」を代表する農作物であるお米を食べてもらい、宮城米の安全性やおいしさを伝える。今年も「ひとめぼれ」の新米871キログラムが、区立小学校21校及び中学校8校に贈られ、給食で子どもたちにふるまわれている。

また、毎年1校で、海の幸・山の幸・大地の幸の宝庫である宮城県について理解を深め、交流促進を目的とした「食材王国みやぎ給食の日・みやぎ食育体験型学習会」が開催される。今年は、駒込小学校で本日実施され、宮城米や宮城野豚(ミヤギノポーク)など宮城県産の食材を使用した給食が全校児童にふるまわれたほか、5年生30名が4グループに分かれて、漁船の写真から釣れる魚を当てる「船当てクイズ」や、「銀ざけ当てクイズ」などオリエンテーリング形式の体験学習会に参加した。5枚の魚の写真から銀ざけを当てる「銀ざけ当てクイズ」では、宮城県の職員が生の銀ざけの切り身を見せながら解説。身が赤いのは餌が関係していることを知ると「面白い」「そうだったんだー」などの声があがり、児童たちは熱心に説明を聞いていた。給食では、銀ざけのみぞれ汁もふるまわれ、児童たちは宮城米と一緒においしそうに食べていた。加藤広大(かとうこうだい)君(11)は「甘くてもっちりしていておいしい」と宮城米をおかわりして食べていた。宮城県職員の木皿(きさら)さんは「お店で宮城県産の食材を見かけたら、ぜひ手に取って食べてみて」と話していた。

(補足)小学校:1校は給食室改修工事中のため、全22校のうち21校で実施。中学校:全8校で実施。

日時

平成26年11月18日(火曜日)午前10時30分から午後1時まで

場所

豊島区立駒込小学校(駒込3-13-1)

主催

宮城県東京事務所 協力:豊島区、豊島区教育委員会

写真

宮城米給食を食べる児童

銀ざけ当てクイズ

給食の様子

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日