ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成26年12月 > 女性の視点で女性にやさしいまちづくりプランを提案

ここから本文です。

女性の視点で女性にやさしいまちづくりプランを提案

11日に「としまF1会議」開催 区長へ直接プランを提案します

報道発表日:平成26年12月9日
問い合わせ:男女平等推進センター 電話:03-5952-9501

12月11日(木曜日)午後6時より、豊島区役所議員協議会室にて「としまF1会議」の最終プラン発表が行なわれる。

「としまF1会議」とは、本区が23区で唯一消滅可能性自治体に位置づけられたという報道発表を受け、対応策の1つとして立ち上げたもの。F1(注釈)世代の女性の意見やニーズを掘り起こすとともに、女性の区政参加を促進していく。会議の委員は、7月19日に開催されたキックオフイベント「としま100人女子会」の参加者を中心に、学識経験者、区主催のワーク・ライフ・バランスフォーラム交流会参加者、豊島区ワーク・ライフ・バランス推進認定企業の勤務者、区内大学在学生等32名で構成されている。

8月に開催された第1回F1会議では、各々が取り組みたいテーマを自由に決め、同じテーマごとに5、6名のチームを編成。子育てとまちづくりが2チームずつ、広報とワーク・ライフ・バランスが1チームずつの計6チームに分かれ、計5回開催されたF1会議や、各チームでの集まりを通して調査・研究などに取り組んできた。

これまでのF1会議では各チームから「ワーク・ライフ・バランスの推進」や「空き家、空き店舗を女性支援のチャレンジスペースに」などの意見が出されている。

11日の第6回会議では、各チームで練り上げた最終プランを区長へ提案する。提案されたプランについては、可能な限り来年度予算に反映させる予定。また、発表会は豊島区持続発展都市推進本部(注釈)と同時開催となり、提案を女性にやさしいまちづくりへ生かす。

区の担当者は「どのチームも休日や夜間を使って調査・研究をするなどたいへん熱心に活動されました。素晴らしいプランが提案されることと期待しています。委員の熱意と行動力とチームワークに脱帽です。」と話している。

なお、F1会議は一般の方の傍聴も可能。興味がある方はぜひ傍聴していただきたい。(事前申込み不要)

(注釈)

  • F1:広告・放送業界のマーケティング用語で20歳から34歳までの女性のこと
  • 豊島区持続発展都市推進本部:人口減少社会に対応し、区の未来を切り開く政策・施策を本格的に推進するため本年8月に設置

日時

12月11日(木曜日)午後6時から8時まで

会場

豊島区役所議員協議会室(東池袋1-18-1)

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日