ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成27年6月 > 女性起業家・経営者をサポートする「サクラーヌbiz」応援プロジェクトがスタート

ここから本文です。

女性起業家・経営者をサポートする「サクラーヌbiz」応援プロジェクトがスタート

としまビジネスサポートセンター新庁舎移転記念イベントで

報道発表日:平成27年6月25日

7月14日(火曜日)午後2時30分より、豊島区役所1階としまセンタースクエアにて、としまビジネスサポートセンター(以下:としまビジサポ)の新庁舎移転記念イベントが開催される。

としまビジサポは、平成22年に官民協働の中小企業支援センターとしてオープン。「売り上げを増やしたい」「新しいチャレンジがしたい」等の地域事業者の“もっと良くなりたい”という相談に、金融相談員や社会保険労務士、税理士等各種専門家がワンストップでサポートし解決へと導くセンターだ。地域ビジネスの拠点となるべく、区内事業者同士の交流・連携を積極的に行ない、地域経済の活性化にも取り組んでいる。

イベントでは、第1部の新庁舎移転記念セレモニーで、としまビジサポ設立から現在までの歩みを紹介し、第2部で富士市産業支援センターf-Bizセンター長の小出宗昭氏による記念講演「小規模でもできる“小出流チャレンジ”の秘訣」を開催する。

また、本イベントでは、豊島区で起業したい女性や、事業を経営している女性を重点的にサポートする「サクラーヌbiz」応援プロジェクト第1弾が開催されるのも特徴のひとつ。第3部は、女性限定の起業家・経営者交流会を初開催する。「サクラーヌbiz」とは、「豊島区で起業したい、起業した、事業を経営している女性」のこと。当日はお菓子や飲み物を用意し、和やかな雰囲気の中、起業予定、起業済、経営者の女性たちに疑問や悩みなどを自由に話し合ってもらい、今後のネットワーク構築の場にもしてもらう(参加費200円)。無料の一時保育も利用できるため、子育て中の女性も安心して参加できる(6月30日までに要申込)。

担当者は、「起業家や経営者の方に『身近な』仲間や相談相手、メンター(助言者)を見つけていただけたらと思い交流会を企画した。気軽にご参加いただきたい」と話している。

日時

平成27年7月14日(火曜日)午後2時30分から5時30分まで

場所

としまセンタースクエア(南池袋2-45-1、豊島区本庁舎1階)

申込方法

  1. 住所またはEメールアドレス
  2. 氏名・性別、女性は第3部の出欠
  3. 電話
  4. 起業予定、起業済、経営者の別
  5. 区内在住、在勤、在学、その他の別

を商工係へ(電話:03-4566-2742、Eメール:A0029099@city.toshima.lg.jp、FAX:03-5992-7088)
一時保育は6月30日までに申込、詳しくは商工係へお問合せ

補足事項

サクラーヌ:昨年5月、日本創成会議に消滅可能性都市と指摘されたことを受け、当事者である女性の声を区政に反映させようと組織された「F1会儀」で提唱された「豊島区女性」のニックネーム。ソメイヨシノ発祥の地である豊島区の「サクラ」と、「女性らしくオシャレな響き」を掛け合わせた。
「サクラーヌbiz」とは、中でも「豊島区で起業したい、起業した、事業を経営している女性」を指し、区では重点的にビジネスサポートを行う。

この報道発表に関するお問い合わせ

生活産業課
電話:03-4566-2742

お問い合わせ

更新日:2016年1月15日