ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 「4・13根津山小さな追悼会」開催

マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

「4・13根津山小さな追悼会」開催

全面開園した南池袋公園にて、城北大空襲犠牲者の鎮魂と平和を祈るつどい

報道発表日:平成28年4月13日

本日午後2時より、4月2日に全面開園した南池袋公園東側の「豊島区空襲犠牲者哀悼の碑」前にて、城北大空襲の犠牲者を悼み平和を祈る集い「4・13根津山小さな追悼会」が開催された。

城北大空襲は、昭和20年4月13日深夜から翌14日未明に東京城北部一帯を襲った空襲。豊島区で死者778人、全焼家屋34,000戸、被災者161,661人(当時の区の人口の7割)もの被害をもたらした。池袋東口グリーン大通り周辺は当時「根津山」と呼ばれ、その一角(現・南池袋公園)には大勢の犠牲者がトラックで運ばれ、仮埋葬されたという。

「4・13根津山小さな追悼会」は、そうした名も知れずに葬られた人々への鎮魂と平和への祈りをささげようと、平成7年に地元の人々の尽力により発足。毎年4月13日に追悼会を開催しており、今年で22回目を迎える。式次第は、開会のことば・ごあいさつ・黙祷・鎮魂のことば・朗読(ききみみずくの会)・斉唱・閉会のことば、献花という流れで、戦争の体験や随筆などの朗読を中心に行なわれ、中でも鎮魂のことばには実行委員の方々の深く熱い思いがこめられている。

また、今回は南池袋公園が全面開園して以降初めての開催となる。同公園は、平成21年より地下変電所設置工事のため約6年半もの間工事が行われていた。そのため城北大空襲50周年を契機に建立された「豊島区空襲犠牲者哀悼の碑」は園内の北側に仮移設されていたが、今回東側へと改めて場所が移された。

本日は、青空の下、100名以上の人々が集い空襲の犠牲者を追悼した。ききみみずくの会の方による朗読には、多くの方が目を伏せて聞き入っていた。

式に参列した吉田稔さん(83歳)は、「空襲で、焼け野原を目の当たりにしました。道端で亡くなった方も見ました。いつまでもこの会が続き、経験を伝えていくことが大事です。今の平和がありがたいということを、若い人にもわかってほしいと思います」と話した。

日時

平成28年4月13日(水曜日)午後2時から3時まで

場所

豊島区立南池袋公園(南池袋2-21-1)

主催

4・13根津山小さな追悼会実行委員会

補足事項

写真

追悼式の様子

献花する人々

この報道発表に関するお問い合わせ

4・13根津山小さな追悼会

お問い合わせ

更新日:2016年4月14日