マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > ハートに響く、音楽を。「池袋ジャズフェスティバル2016」開催!

ここから本文です。

 ハートに響く、音楽を。「池袋ジャズフェスティバル2016」開催!

池袋駅西口周辺でジャズやポップスを気軽に楽しめる二日間

報道発表日:平成28年5月17日

5月21日(土曜日)、22日(日曜日)の2日間、池袋駅西口周辺の10か所11会場にて「池袋ジャズフェスティバル2016」が開催される。今年で13回目を迎え、ますます盛り上がる音楽イベントだ。
「池袋ジャズフェスティバル」は、「音楽でまちおこし」をテーマに2004年に始まった。2009年に一般公募でアマチュアバンドが参加できるストリート・フェスティバルへと変わって以来、年々参加者が増え、今回は230バンド、総勢1800名以上が参加する。どの会場も入場無料のため、まちかどで気軽にジャズやポップス、ファンクなど様々なジャンルの演奏を聴くことができるのが魅力だ。
今回はアルゼンチンと韓国のトップジャズミュージシャンがゲスト出演する。アルゼンチン出身で、南米音楽とアジア音楽を融合させた独自のスタイルで活躍する ピアニストMartin "Musa" Musaubachは、日本の音楽シーンで活動するメンバーを加えた「MUSA SPECIAL GROUP」で演奏。韓国のテレビ番組でもメインホストをつとめるジャズドラマーPhil Yoonが率いるバンド「Phil Yoon Group」 も登場する。
また、初の試みとして東京工科大学と提携し、音楽情報アプリ「musicinvitee」を導入する。これは、事前にスマートフォンにアプリをインストールすると、会場に設置されたポスターに近づくだけで出演者情報が得られるというものだ。
毎年好評の「すべての会場をまわるスタンプラリー」も開催。池袋西口公園で配布される用紙に、すべての会場に設置されたスタンプを集めて同会場へ持参すると、各日先着100名に限定ピックキーホルダーがプレゼントされる。
実行委員長の山口さんは、「プロ・アマともにどのステージもレベルの高い演奏が目玉です。老若男女誰もが気軽に音楽を楽しめる2日間ですので、ぜひ足を運んでみてください!」と来場を呼び掛けている。初夏を彩る生演奏を聴きに、池袋駅西口周辺を訪れてみてはいかがか。

日時

平成28年5月21日(土曜日)から5月22日(日曜日)まで 正午から午後8時まで
(両日とも開演時間は会場により異なります)

場所

池袋駅西口周辺、以下の計10か所11会場
池袋西口公園(2会場)、池袋西口駅前広場、池袋マルイ前、元池袋史跡公園、ザ・タワー・グランディア前広場、東武百貨店8階屋上スカイデッキ広場、メトロポリタンプラザビル1階自由通路、ルミネ8階イケレスガーデン、東京芸術劇場前広場、ミュージックスタジオ・フォルテ芸劇店前

主催

池袋

補足事項

池袋ジャズフェスティバル2016公式ホームページ(新しいウィンドウで開きます)

写真

 まちかどで演奏が楽しめます(写真は昨年の様子)

今年は230のバンドが登場(写真は昨年の様子)

(写真は昨年の様子)

この報道発表に関するお問い合わせ

文化観光課

電話:03-3981-1316

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

更新日:2016年5月17日