マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 11自治体が集結!「防災サミットin那須烏山」を開催

ここから本文です。

11自治体が集結!「防災サミットin那須烏山」を開催

災害に強いまちづくりを自治体連携で考える

報道発表日:平成28年7月21日

本日、午後2時より栃木県那須烏山市にて、「防災サミットin那須烏山」が開催された。このサミットは豊島区と防災協定を結んでいる自治体が集結し、災害時に備えて自治体間での連携を確認し、交流を図ることを目的としたもの。平成14年に第1回が開催され、昨年11月の本区での開催に次いで、今回で6回目を迎える。本日は、本区を含む11自治体が参加し、豊島区危機管理監による基調報告や、自治体間連携についての意見交換が行われた。
防災サミットでは、まず今浦勇紀豊島区危機管理監より基調報告が行われた。テーマは「熊本地震の教訓」。高野之夫豊島区長とともに熊本を視察した様子を報告し、熊本地震の教訓から得られた、今後の自治体間協力の在り方と具体的な政策について提言した。基調報告の後、各自治体の首長同士による意見交換が行われ、区長は、「今回の熊本の事例においても、自治体間の支援は、抽象的・包括的なものから、具体的・直接的なものになっている。今後は支援する場合も、される場合も、事前にスキルを磨き、計画的に『支援をする』又は計画的に『支援を受ける』ということが重要になってくる。これらの実現に向け、協議をしていきたい」と自治体間協力の具体化について意気込みを語った。
その後、今後も連携関係を維持・強化していくことを確認する共同宣言を採択。共同宣言では自治体同士の防災交流や情報の共有を進めることや、災害時の相互支援受援体制を構築し、互いに発展することを目指すとしている。

日時

平成28年7月21日(木曜日)午後2時から午後4時30分まで

場所

烏山城カントリークラブ(栃木県那須烏山市大桶2401)

背景 補足事項

《豊島区と防災協定を締結している15自治体》
山形県遊佐町、埼玉県秩父市(今回は欠席)、福島県猪苗代町、埼玉県三芳町、岩手県一関市、岐阜県関市(今回は欠席)、群馬県神流町(今回は欠席)、新潟県魚沼市、長野県箕輪町、茨城県常陸大宮市、栃木県那須烏山市、山形県村山市、秋田県能代市(今回は欠席)、愛媛県内子町、神奈川県湯河原町(今回は欠席)

写真

 

防災サミットの様子

集合写真(前列中央が高野之夫豊島区長)

この報道発表に関するお問い合わせ

防災危機管理課 管理グループ

電話:03-3981-2100

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

更新日:2016年7月26日