ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成29年2月 > 一流ミュージシャンがロックの魅力を語る!

ここから本文です。

一流ミュージシャンがロックの魅力を語る!

南大塚ホールで3月4・5日に「ロック講座」開催

報道発表日:平成29年2月21日

南大塚ホール(南大塚2-36-1)で3月4・5日の二日間に渡り「ロック講座―現代に受け継がれる、昭和のロック―」を開催する。

一昨年、文化カレッジとして開催し、好評を得た講座が更にスケールアップした。

講座では、難波弘之氏をはじめとする一流ミュージシャンや制作者を講師やゲストに迎え、ロックの変遷から楽器の奏法や特長、聞き方のポイント、隠れた名曲の話等を全4回にわたって語っていただく。

第4回では、「おおつか音楽祭」事務局の辻口正彦氏をゲストに迎え全講師による、「昭和ロック座談会」を開催。受講生を交えながら、昭和ロックについて語ったり、出演者によるミニライブも開催する。

また、4・5日いずれも開場時に元The Collectorsの小里誠氏によるDJ TIMEが行われ、小里氏が選曲した昭和ロックを聴くことができる。

担当者は「普段聞くことの出来ない一流ミュージシャンや制作者の貴重な話を聞いて、ロックの魅力に浸ってみませんか」と話している。

(注釈)おおつか音楽祭…「街に音楽があふれ出す」をコンセプトに20以上のライブハウスと地元商店街、住民、区の協力のもと開催されている音楽祭。2008年に大塚駅南口にて始まった。

(注釈)辻口正彦氏の辻はしんにょうの点が一つです

日時

 

3月4日(土曜日)

13時から 第一回「ロックが生み出した音楽とサブカルチャー」
15時半から第二回「隠れたファンが結構いる!実は好きなバンド―Slade、Bay City Rollers、Angel、Kiss、 etc.―」

 

3月5日(日曜日)

13時から 第三回「グループサウンズとニューロック」
15時半から第四回「昭和ロック座談会」

開場

南大塚ホール(南大塚2-36-1)

費用

1回券(各回)1,000円、通し券(全4回)3,500円

定員

各回50名

申し込み方法

窓口、E-mail(entry_minamiotuk@a.toshima.ne.jp)、電話、もしくは当日は会場で(残席がある場合)

この報道発表に関するお問い合わせ

南大塚地域文化創造館

電話:03-3946-4301

お問い合わせ

更新日:2017年2月21日