ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成29年4月 > 「4・13根津山小さな追悼会」開催

ここから本文です。

「4・13根津山小さな追悼会」開催

南池袋公園にて、城北大空襲犠牲者の鎮魂と平和を祈るつどい

報道発表日:平成29年4月13日

 

本日午後2時より、南池袋公園東側の「豊島区空襲犠牲者哀悼の碑」前にて、城北大空襲の犠牲者を悼み平和を祈る集い「4・13根津山小さな追悼会」が開催された。
城北大空襲は、昭和20年4月13日深夜から翌14日未明に東京城北部一帯を襲った空襲。豊島区で死者778人、全焼家屋34,000戸、被災者161,661人(当時の区の人口の7割)もの被害をもたらした。池袋東口グリーン大通り周辺は当時「根津山」と呼ばれ、その一角(現・南池袋公園)には大勢の犠牲者がトラックで運ばれ、仮埋葬されたという。
「4・13根津山小さな追悼会」は、そうした名も知れずに葬られた人々への鎮魂と平和への祈りをささげようと、城北大空襲50周年となる平成7年に地元の方々の尽力により発足。毎年4月13日に追悼会を開催しており、今年で23回目を迎える。式次第は、開会のことば・ごあいさつ・黙祷・鎮魂のことば・朗読(ききみみずくの会)・斉唱・閉会のことば、献花という流れ。ことばやあいさつには、哀悼の意と平和への深く熱い思いが込められている。
本日は、桜吹雪の舞う晴天の中、100名以上の人々が集い空襲の犠牲者を追悼した。ききみみずくの会の方による朗読は、空襲当日の被災体験をつづった日記の読み聞かせで、戦禍から逃れる様子や心情など、当時の様子をありありと思い浮かべることができるほどの臨場感があった。
実行委員の髙橋さん(82歳)は、「天気に恵まれ、100名を超える方々とこの日に追悼できることを嬉しく思っています。この会がいつまでも続いていくように、多くの方に参加いただき、追悼の思いが次の世代にもつながっていくことを願っています」と話した。
今後、追悼会に参加した被災者の体験談をまとめた証言集第三集を発行する予定。被災者の高齢化が進む中、貴重な資料として戦争の悲惨さを後世に残し続けていく。

日時

平成29年4月13日(木曜日)午後2時から3時まで

場所

豊島区立南池袋公園(南池袋2-21-1)

主催

4・13根津山小さな追悼会実行委員会

補足事項

根津山(ねづやま):現在の南池袋公園周辺一帯をさす。被災当時豊かな雑木林で、コンクリート製の本格的な防空壕が数か所あり、住民の避難場所になっていた。
「4・13根津山小さな追悼会実行委員会」ホームページ(新しいウィンドウで開きます)

写真

献花の様子

追悼会の様子

読経の様子

献花の様子

朗読の様子

朗読の様子

この報道発表に関するお問い合わせ

4・13根津山小さな追悼会

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

更新日:2017年4月14日