ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成29年4月 > 区内四士業と災害時の特別総合相談に関する協定を締結

ここから本文です。

区内四士業と災害時の特別総合相談に関する協定を締結

報道発表日:平成29年4月19日

本日19日(水曜日)、豊島区は、東京司法書士会、東京都行政書士会、東京税理士会、東京都社会保険労務士会の四士業の豊島支部と「災害時における特別総合相談に関する協定」を締結した。
四士業と災害時に区民生活の円滑な復興を図るために特別な総合相談の実施について協定を締結することで、大規模災害後の復興段階における円滑な復興態勢を確立する。
協定締結にあたり、高野之夫豊島区長は「災害時の復旧・復興段階で、専門家による特別総合相談を実施できることは、区の災害対策にとって大きな前進。行政職員だけでは担うことが難しい区民ニーズを補完し、被災者のニーズにきめ細やかに対応していきたい」と話した。

豊島区、四士業と災害時における特別総合相談に関する協定

1 趣旨

大規模災害後の復興段階には、生活再建に係る法律相談、官公署への書類提出、企業における労務管理、労働社会保険手続きや年金の相談窓口が必要となることが想定される。
そのため、各士業と豊島区は災害時における特別総合相談に関する協定を締結し、災害時の区民生活の円滑な復興を図るための態勢を確立する。

2 協定の名称

災害時における特別総合相談に関する協定書

3 協定締結先

  •  東京司法書士会 豊島支部 (支部長 中居 優 所在地:豊島区東池袋)
  •  東京都行政書士会 豊島支部 (支部長 近藤 秀将 所在地:豊島区西池袋)
  •  東京税理士会 豊島支部   (支部長 木下 盛弘 所在地:豊島区西池袋)
  •  東京都社会保険労務士会 豊島支部 (支部長 岩間 靖幸 所在地:豊島区東池袋)

4 協定締結式

日時:平成29年4月19日(水曜日)15時00分から16時00分
場所:区長応接室(豊島区役所5階 豊島区南池袋2-45-1)
出席者:東京司法書士会 豊島支部 ほかの3士業の支部長・副支部長等 合計7名
高野区長、宿本副区長、危機管理監、防災危機管理課長

5 協定の主な内容

被災者の生活再建にかかる特別総合相談の実施

6 協定締結による効果

大規模災害後の復興段階で、生活再建に係る専門家による特別総合相談を実施することで区民生活の円滑な復興を図る。 

写真

四士1

調印式の様子(右・高野区長)

四士2

集合写真

 

この報道発表に関するお問い合わせ

防災危機管理課 電話:03-4566-2574

 

 

 

 

お問い合わせ

更新日:2017年4月20日