ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成29年5月 > 審査しながら演劇を楽しむ『池袋演劇祭』の審査員募集

マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

審査しながら演劇を楽しむ『池袋演劇祭』の審査員募集

9月開催の地域密着型「池袋演劇祭」で100人の審査員を募集しています。

報道発表日:平成29年6月6日

6月18日(日曜日)まで地域密着演劇祭「第29回池袋演劇祭」の審査員100名を募集中だ。(往復はがきの場合必着)

池袋演劇祭は毎年9月の約1か月間に豊島区内および近郊の劇所などで公演を行う劇団がエントリーをして、公募による審査員により、「演劇祭賞」を決めていく他には例のないユニークな演劇祭だ。区には、池袋を中心に数多くの小劇場やアトリエが存在し、演劇を志す若い人々が集う。そうした人々を応援育成する場としてそして、少しでも多くの人々に演劇と触れ合う機会をつくってもらう為に演劇祭は開催されている。また、舞台芸術の盛んな「演劇のまち」としての都市イメージを定着させることに大きく貢献している。

現在、区内外を問わず、審査員100名を募集中だ。演劇をより身近に感じていただけるようにと、普段から演劇を観ている人も、演劇を観る機会がなかった人も審査員となって審査し「演劇祭賞」を決定する。演劇祭のコンセプトでもある「誰でも参加できる」イベントとして、観る側も演劇祭に参加しているという一体感を楽しんでもらう企画だ。

今年も、50団体近い劇団が参加予定。審査員に選ばれると、指定公演の他に数公演の無料鑑賞券や割引鑑賞券がもらえる特典も用意され、様々な演劇作品に触れることができる貴重な機会だ。また、審査員と劇団との交流の場も設けられるため、演劇好きはもちろん、初心者の方もお芝居の事や役者さんたちをより深く知り、楽しむことができるだろう。

担当者は「芸術の秋、一か月間 ぜひ演劇にふれる機会に参加していただければ」と話している。

募集期間

平成29年6月18日(日曜日)まで

応募条件

100名。応募者多数の場合は抽選。

18歳以上で、演劇祭行事に積極的に参加できる方。

開催期間中、事務局が指定する3~5公演を必ず鑑賞して指定の採点表に記入し提出できる方。

申し込み方法

往復はがきの場合

往復はがきに「審査員希望」と明記し、〒・住所・氏名(フリガナ)・年齢・性別・電話番号・、メールアドレス・審査員経験回数を記入の上、返信ハガキの表面に住所・氏名を明記して下記までお送りください。

〒170-0013 豊島区東池袋4-5-2ライズアリーナビル3階 あうるすぽっと内 池袋演劇祭実行委員会 宛

池袋演劇祭ホームページ応募フォームの場合

下記から必要事項を記入しお申込みください。

池袋演劇祭公式ホームページ http://www.ikebukuroengekisai.jp/(新しいウィンドウで開きます)

写真

28年CM大会の様子

昨年のCM大会の様子

28年の大賞団体

昨年の大賞受賞作品 劇団STAR☆JACKSの『桜舞う夜、君想ふ』

この報道発表に関するお問い合わせ

「池袋演劇祭実行委員会」事務局

電話 03-3985-0960

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

更新日:2017年6月8日