ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成29年7月 > 今年で15周年!池袋でフラを満喫できる3日間

ここから本文です。

今年で15周年!池袋でフラを満喫できる3日間

日本最大級のフライベント「第15回東京フラフェスタin池袋2017」開催

報道発表日:平成29年7月18日

今月21日(金曜日)から23日(日曜日)まで「東京フラフェスタin池袋2017」を池袋西口公園など、池袋駅周辺の計6会場で開催する。
今年は、フラフェスタ開催15周年の記念の年。平成15年に池袋西口商店街連合会が主催して池袋西口公園で始まり、平成20年には豊島区観光協会が、平成21年からは豊島区観光協会と豊島区等で組織した「東京フラフェスタin池袋実行委員会」が主催となり、池袋の全域に会場を拡張、街全体でフラの風を感じられる日本最大級のフライベントに成長した。年々参加者は増加し、今年は174チーム、過去最多人数となる約5,000人が華やかフラステージを披露する。
21日(金曜日)の前夜祭では、メイン会場の池袋西口公園にてハワイから招いたフラの人気講師カピオラニ・ハオ氏が特別演舞を披露。日本では滅多に見ることのできない、本場のフラは必見だ。
22日(土曜日)・23日(日曜日)は、メイン会場をはじめ、サンシャインシティB1F噴水広場や東武百貨店8階屋上など、池袋駅東西の6ステージで多彩なフラステージを楽しめる。今年は、宮城県、埼玉県東松山市、福島県伊達市の交流都市からの推薦チームも参加する。また、メイン会場では3日間、ステージの締めくくりに来場者もフラを踊ることができる「みんなで踊ろう!フラナイト」が開催され、大いに盛り上がる。
池袋西口公園、東池袋中央公園では、区や観光協会の交流都市等の物産展も同時開催。池袋西口公園では、ハワイアン雑貨の店も出店する。
担当者は「今年も6会場でのフラ演舞により池袋全体がフラ一色に染まります。15周年を迎えるフラフェスタを存分にお楽しみください。」と話している。
池袋で、フラの魅力に触れてみてはいかがか。

前夜祭

7月21日(金曜日) 12時から20時まで
会場:池袋西口公園

本祭

7月22日(土曜日)・23日(日曜日)
会場:池袋西口公園、池袋駅西口駅前広場、東武百貨店8F屋上スカイデッキ広場、
サンシャインシティB1噴水広場、豊島区役所センタースクエア、東池袋中央公園
※開催時間は会場により異なる。会場スケジュールは豊島区観光協会ホームページ参照(新しいウィンドウで開きます)

写真

昨年の様子1

昨年の様子2

昨年の様子3

この報道発表に関するお問い合わせ

豊島区観光協会 東京フラフェスタin池袋実行委員会
電話:03-3981-5849

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

更新日:2017年7月24日