ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成29年8月 > マンガの聖地としまを歩こう!

ここから本文です。

マンガの聖地としまを歩こう!

椎名町駅ギャラリーで「南長崎マンガランド事業」を紹介

報道発表日:平成29年8月10日

西武池袋線椎名町駅自由通路にある椎名町駅ギャラリー(長崎1-1-22)で「南長崎マンガランド事業」のパネル展示が開催されている。期間は平成29年11月末まで。
同駅名の「椎名町」は、現在の豊島区南長崎地域の旧町名だ。かつてこの町には、手塚治虫をはじめとする、日本を代表するマンガ家が暮らしていたトキワ荘があったことで知られている。「椎名町駅ギャラリー」は平成23年の椎名町駅舎の改修工事に伴って整備された、地域の文化や伝統工芸を紹介するスペースになっている。
「南長崎マンガランド事業」とは、トキワ荘でのマンガ家たちの活動を地域文化として継承するとともに、全国に発信し、地域活性化を図ろうとする地域の取り組みを事業化したもの。
今回のパネル展示では、昨年12月に設置された、南長崎公園(南長崎3-37-2)の「ラーメン屋台モニュメント」、特別養護老人ホーム風かおる里(南長崎6-15-6)の「いねっ子わらっ子・マコちゃん」のモニュメントについて、それぞれの作者のプロフィールや作品を紹介。地域でのモニュメントの設置は「ジャングル大帝・レオ&ライヤ」「背番号0・ゼロくん」に続く第2弾で、今後も豊島区にゆかりのあるマンガ家の作品のモニュメント設置が予定されている。そのほか、(仮称)マンガの聖地としまミュージアムの検討状況についても紹介されている。(仮称)マンガの聖地としまミュージアムは平成32年春に南長崎花咲公園に開設予定のトキワ荘の復元施設。平成28年度に、ミュージアムの整備検討会議が設置され、マンガ家の里中満智子座長をはじめとする有識者、地域団体代表者等からなる委員による整備基本計画が策定された。今年度は展示・建築設計検討会議を立ち上げ、より具体的な展示・建築について検討が行われている。
区の担当者は、「モニュメントの設置、ミュージアムの整備と、ますます盛り上がりを見せる南長崎。マンガ家たちのゆかりの地散策をぜひお楽しみください。」と話している。
ギャラリーを観賞したあとは、トキワ荘のゆかりのスポットやモニュメントを訪れてマンガ文化の知識を深めてみるのはいかがだろうか。
(注釈:手塚の塚は旧字)

日時

平成29年11月末まで(予定)

場所

西武池袋線椎名町駅自由通路 椎名町駅ギャラリー(長崎1-1-22)

主催

豊島区

写真

展示の様子1

展示の様子1

展示の様子2

展示の様子2

この報道発表に関するお問い合わせ

文化観光課

電話:03-4566-2758

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

更新日:2017年8月10日