ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成29年10月 > スポーツの秋を満喫!「としまスポーツまつり2017」開催

ここから本文です。

スポーツの秋を満喫!「としまスポーツまつり2017」開催

障がい者スポーツ「ボッチャ」体験や記念切手の販売も実施

報道発表日:平成29年10月3日

体育の日の10月9日、区立総合体育場と、隣接する朋有小学校校庭にて「としまスポーツまつり2017」が開催される。
これは、区民が様々なスポーツ・レクリェーションに触れることで、楽しみながら健康な身体作りを目指すスポーツイベントだ。今年で7回目の開催を迎え、例年3000人を超える区民が参加。特に子どもたちが体を動かして遊べる場として、親子連れに人気を博している。
今年も区立総合体育場(青空ひろば)と朋有小学校校庭(チャレンジ広場)には、工夫を凝らしたスポーツやレクリェーションが登場。人気の体力測定や、トップアスリートが教える「走り方教室」、キックターゲット、エアピッチ、キンボールなど、子どもから高齢者までが楽しめるコーナーが盛りだくさんだ。今年は初めて、ドイツ生まれのボール遊び「バルシューレ」のコーナーも設置される。
さらに昨年のリオ・パラリンピックで日本チームが銀メダルを獲得し、注目の高まっている「ボッチャ」も体験できる。「ボッチャ」は、赤・青のボールを投げ、目標となる白ボールにいかに近づけられるかを競うスポーツ。障害の有無を問わず、子どもから高齢者まで誰でも気軽に参加できるのが魅力だ。
また、「としまスポーツまつり」の開催を記念して、オリジナル切手(税込1,300円)も制作。豊島区PRキャラクターの「としま ななまる」がスポーツをするイラストと、ご当地ヒーロー「トシマッハ」の図柄が使用されている。会場内で販売され、同日より豊島区内の郵便局(34か所)でも購入可能だ。
恒例の秋まつりコーナー(有料)では、射的、人形すくい、缶たおしなどのゲームのほか、軽食の販売も行われる。会場を回るスタンプ・ラリーに参加すれば、ゲームに無料で挑戦できるチケットを獲得することができる。
ほかにも、今回初めて「スポーツ用具大募集!」と題して不要なスポーツ用品を開発途上国へ贈る取り組みを行う。家庭で眠っているボール・ユニフォーム・運動靴があれば、ぜひ会場へお持ちいただきたい。
区の担当者は「百聞は一見にしかず、足を運ぶことで体を動かすことはスタートしています。ぜひ、ご来場ください」と参加を呼び掛けている。

日時

10月9日(月・体育の日) 午前10時から午後3時(受付は2時30分で終了)まで

場所

豊島区立総合体育館(東池袋4-41-30)、朋有小学校校庭(東池袋4-40-1) 入場無料

写真

ボッチャの様子

ボッチャの様子(昨年)

キンボールの様子

キンボールの様子(昨年)

オリジナル切手

としまスポーツまつり記念切手

この報道発表に関するお問い合わせ

学習・スポーツ課

電話:03-4566-2764

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

更新日:2017年10月3日