ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成29年11月 > 障害者アート展で「書」の魅力を世界に発信

ここから本文です。

障害者アート展で「書」の魅力を世界に発信

8日(水曜日)から2017アジア・パラアート-書-TOKYO国際交流展

報道発表日:平成29年11月1日

11月8日(水曜日)から12日(日曜日)まで「2017アジア・パラアート-書-TOKYO」国際交流展が豊島区役所本庁舎1階 としまセンタースクエア(南池袋2-45-1)内で開催される。
「パラアート展」は、2009年に東京オリンピックの招致に向けて障害者アートの素晴らしさを広めるため日、中、韓を中心に始まり今年で4回目を迎える。今回のテーマは「書」だ。3回にわたるパラアート展の開催を通じて、「書」が世界的に認識し始められていることから、今回は日本の文化である「書」の魅力をさらに深め、障害者の作家交流を通じアートの独立したジャンルとして国際的に発信する。
展示では日、中、韓の3か国を中心としたアジア諸国の障害者の作品が展示される。今回は書作品にスポットを当て、東京オリンピック・パラリンピックに向けて「書」の国際的普及と発展を試みる。出展は計5か国の作品94点。特別展示では安倍内閣総理大臣や高野豊島区長に加え、各界著名人の作品約43点の展示が予定されている。
また、8日11時から日、中、韓の作家によるオープニングパフォーマンスが行われる。日本からは書家の金澤翔子さん・鈴木達也さんの2名が迫力あふれる揮毫を披露する予定だ。中国と韓国の書家2名も揮毫を披露する。
担当者は、「これを機会に、障害のある方の活躍の場が更に広がる事を期待します。」と話している。
パラアートが世界に発信する「書」の魅力を、是非間近で感じて欲しい。

写真

昨年のパラアート作品1

昨年のパラア-ト作品1

昨年のパラアート作品2

昨年のパラア-ト作品2

日時

11月8日(水曜日)から12日(日曜日)まで
10時から18時(初日は11時より 最終日は13時まで)

場所

豊島区役所本庁舎1階 としまセンタースクエア(南池袋2-45-1)

主催

公益財団法人日本チャリティ協会(共催:豊島区)

この報道発表に関するお問い合わせ

障害福祉課

電話:03-3981-1766

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

更新日:2017年11月2日