ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成29年12月 > トキワ荘出身者が設立したスタジオを紹介

ここから本文です。

トキワ荘出身者が設立したスタジオを紹介

椎名町駅ギャラリーで「スタジオゼロ展」を開催中

報道発表日:平成29年12月12日

西武池袋線椎名町駅自由通路にある椎名町駅ギャラリー(長崎1-1-22)で「スタジオゼロ」のパネル展示が開催されている。期間は平成30年3月末まで。
同駅名の「椎名町」は、現在の豊島区南長崎地域の旧町名だ。かつてこの町には、手塚治虫をはじめとする、日本を代表するマンガ家が暮らしていたトキワ荘があったことで知られている。「椎名町駅ギャラリー」は平成23年の椎名町駅舎の改修工事に伴って整備された、地域の文化や伝統工芸を紹介するスペースになっている。
今年は、国産として最古のアニメが公開されて100周年目。これを記念してトキワ荘ゆかりのマンガ家たちが作ったアニメスタジオ「スタジオゼロ」を紹介する。
「スタジオゼロ」はトキワ荘からすべてのマンガ家たちが転居して2年が過ぎた昭和38年5月に設立された。横山隆一の「おとぎプロ」で7年間アニメーター生活を送っていた鈴木伸一が同社を退社したことをきっかけに石ノ森章太郎、藤子・F・不二雄、藤子不二雄(A)、つのだじろうが作ったアニメスタジオ。地下鉄荻窪線(現・丸ノ内線)新中野駅から近い倉庫を借りてスタジオとし、「有限会社スタジオゼロ」としてスタートした。半年後には赤塚不二夫も加わり、マンガ作品のアニメ化などを手がけた。鈴木以外はアニメ未経験であったが、順調に会社は拡大。昭和40年には、スタジオを新宿に移転。最盛期には80名ほどのスタッフを抱えていたが昭和46年に設立メンバーたちの仕事が忙しくなったため、その活動に終止符がうたれた。その後、「ゼロ」の会社名は鈴木伸一が引き継ぎ、CMや短編作品を制作した。
今回の展示では「スタジオゼロ」が手がけたアニメ作品の場面カットや絵コンテ等の資料のパネルが展示されている。
区の担当者は展示にあたり「トキワ荘に集ったマンガ家たちはマンガと同じくらいアニメに熱中し、ついには自分たちでアニメスタジオを作ってしまいます。展示ではマンガ家ならではの個性溢れるエピソードを紹介しています。」と語っている。
(注釈:手塚の塚は旧字、藤子不二雄(A)のAは丸囲み、石ノ森章太郎の「ノ」は小文字で表記します。)

期間

平成30年3月末まで(予定)

場所

西武池袋線椎名町駅自由通路 椎名町駅ギャラリー(長崎1-1-22)

主催

豊島区

写真

展示の様子1

展示の様子1

展示の様子2

展示の様子2

この報道発表に関するお問い合わせ

文化観光課

電話:03-4566-2758

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

更新日:2017年12月13日