ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 【報道発表】平成30年2月 > 『染井櫻』江戸・染井村発の「桜のお酒」、予約受付中

ここから本文です。

『染井櫻』江戸・染井村発の「桜のお酒」、予約受付中

平成30年2月2日

豊島区駒込生まれの純米吟醸酒「染井櫻」の販売予約が始まった。
販売開始は、毎年おなじみとなった春分の日・3月21日。今年で17年目を迎える純米吟醸酒「染井櫻」は、日本の桜を代表する“ソメイヨシノ発祥の地”である豊島区駒込・染井銀座商店街が中心となり、地元の街興しを目的とした日本酒として平成14年に誕生したお酒。この16年の間に累計10万本を超える販売を行い、毎年の販売を重ねるごとに駒込の地域ブランドとして広まっており、多くのお客様に好評を戴いている。例年の淡いにごりタイプと爽快辛口タイプ(各・500ml)の他に、2月22日まで限定受付の染井櫻生酒セットも用意。また、300組限定・干支グラスセットには、昨年と同様に埼玉・麻原酒造の造る純米酒(300ml)を組み合わせた。この染井櫻ブランドに用いる日本酒は、原材料をお米と麹だけで造る純米酒にこだわり、日本酒が本来持つ香りと旨味を存分に楽しめる。
それぞれタイプの違う3種類の日本酒、今年は是非、駒込へお花見に出掛けてみてはいかがか。

予約方法

「染井櫻」実行委員会事務局HP参照 http://www.kiwa-kk.com/someizakura-top.html(新しいウィンドウで開きます)

販売品の内容

  • 純米吟醸「染井櫻」 淡いにごりタイプ 秋田・浅舞酒造 500ml 1,250円(税抜)

このお酒が『元祖・染井櫻』。桜の花びらのイメージを、米と麹と水だけで造る純米酒で表現。とてもフルーティでほのかに霞む色合いは、春の香りを感じさせる。
原料米/星あかり 精米歩合50%

 

  • 純米吟醸「染井櫻」 爽快辛口タイプ 鳥取・大谷酒造 500ml 1,250円(税抜)

口に含むとスッキリとした味わいが広がる。そのまま常温で召し上がることは勿論のこと、燗でつけると更に隠れた味わいが広がる、懐の深い日本酒らしいお酒。
原料米/山田錦・玉栄 精米歩合50%

 

  • 限定!染井櫻3本セット(上記各1本+70%精米 300ML純米酒1本と干支グラス1個入)3,800円(税抜)

300組の限定販売。今年の干支をデザインしたグラスと、今回の限定酒は昨年と同様、埼玉・麻原酒造が地元の酒造好適米で造った、70%精米の純米酒をセット。昨年はこの限定酒が大好評。毎年一番の人気商品。

 

  • 染井櫻生酒セット(淡いにごり生酒 爽快辛口生酒 各1本入)3,100円(税抜)

出来立ての香りと旨味がたっぷりと詰まった、火入れを一切しない生のお酒。2月22日までに予約いただいた数量のみ用意する「限定のセット」。

「染井櫻」誕生の経緯

江戸時代の駒込・染井地区は、各藩がかかえる植木屋が数多く軒を並べ(現在の染井通り)、菊やツツジなど四季折々の花を楽しめる名勝地として知られていた。ソメイヨシノ桜は、幕末期から明治初期にかけて「染井」の植木屋が全国へ広めたと言われている。染井櫻実行委員会は、そんな地元の歴史を広める為、お花見に合う桜のイメージにぴったりな日本酒を造り、駒込をアピールしよう!と取り組んだ。その開発には全国の蔵元を巡り、「淡いにごりを残しながら、桜の花びらをイメージできる色合いと、桜のようなホッとする雰囲気が感じられる、お米(品種:星あかり)のもつ素朴な味わいを表現したい」と語った杜氏の一言をきっかけに、秋田県横手市・浅舞酒造による「染井櫻」が誕生した。

写真

染井櫻3本セット

染井櫻3本セット2

染井櫻3本セット

染井櫻(にごり)

染井櫻(にごり)

染井櫻(辛口)

染井櫻(辛口)

この報道発表に関するお問い合わせ

「染井櫻」実行委員会事務局 KIWA(株)内

電話:03-5974-1171

 

お問い合わせ

更新日:2018年2月2日