ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 【報道発表】平成30年3月 > プロジェクションマッピングで課税・納税証明書を発行

マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

プロジェクションマッピングで課税・納税証明書を発行

利用者の利便性向上と職員の業務効率化を実証実験

報道発表日:平成30年3月5日

 

豊島区は税務課において、区民が「特別区民税・都民税(住民税)証明書」の交付を受ける際、「プロジェクションマッピング技術」を使用してペーパーレスで申請書受け付けをする実証実験を3月5日から3月30日まで実施する。
実証実験の対象となる、特別区民税・都民税(住民税)証明書交付申請書受け付けは、区民が課税証明書・納税証明書を申請する際に、証明する年度や必要な人の名前・住所・生年月日などを申請書に記載し、それを職員がチェックした上で、証明書を交付する事務。
今回使用するシステムは、ペーパーレス受付システム「らくかけくん」(開発:三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社)といい、プロジェクターで表示された様式イメージに専用ペンで入力する「プロジェクションマッピング技術」を活用する。

区役所を訪れた利用者は、窓口に設置された専用記載台にて上方のプロジェクターから投影されたイメージを見て、専用ペンにて操作する。投影イメージに直接記入することで、文字認識技術により手書き文字が瞬時に文字データへ変換される。実証実験では日本語と中国語の二ヶ国語への対応を行う。
このシステムを使用することで、従来の紙の申請用紙やディスプレイモニターと比べ、大きな文字で表示することができ、ガイダンスが記入箇所に応じて表示されるため、利用者の利便性向上が期待できる。また、窓口を担当する職員にとっては、窓口での確認・問合せ対応の減少や、データ入力、申込書管理負荷の低減等、業務効率化が期待できる。さらに、紙が不要となることで、年間3万件以上申請のある書類を保管する倉庫のスペース削減も可能となる。

区の高橋邦夫税務課長は「これまでは申請書そのものに工夫を凝らし、今後は電子での申請へと移行していくが、その過程での窓口受付のモデルになると思う」と語っている。

 

利用イメージ

利用イメージ

この報道発表に関するお問い合わせ

税務課

電話:03-4566-2351

 

 

 

 

 

お問い合わせ

更新日:2018年3月5日