ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 【報道発表】平成30年3月 > 23区初、スクール・スキップサポーター制度新設

マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

23区初、スクール・スキップサポーター制度新設

午前中は学校で、放課後は子どもスキップで子どもたちを支援

報道発表日:平成30年3月15日

豊島区では、平成30年4月から、学校における教育活動から放課後にわたる切れ目のない支援を行う非常勤職員であるスクール・スキップサポーター(略称「SSサポーター」)制度を新設する。
SSサポーターは、午前中は通常学級に在籍している特別な支援を要する児童に対して、学校で支援に当たり、午後は学校の校舎内又は敷地内にある子どもスキップ(全児童を対象とする育成事業と学童クラブを総合的に展開する施設)で児童に対して、安全管理、友人関係及び遊びに関する支援を行う。
もともと、学校で活動する部分は文部科学省、子どもスキップでの活動は厚生労働省の所管に属する内容であるが、所管の壁を取り払って、この2つの内容を一人の非常勤職員が連続して担う制度は23区で初めてのことである。これは、平成29年度から子どもスキップを教育委員会に移管した豊島区ならではの取り組みといえる。
豊島区がこの非常勤職員を新設した背景には、前述した目的(学校における教育活動から放課後にわたる切れ目のない支援を行う)のほか、人手不足により子どもスキップの非常勤職員(学童指導員)のなり手がなかなか確保できない事情がある。つまり、午前中は学校で支援が必要な児童を支援すると同時に、午後は子どもスキップで児童の指導を行うという、極めて困難で専門的なSSサポーターを新設し、報酬額をアップすることにより、人材の確保を図ることも意図している。
豊島区教育委員会は、この一石二鳥ともいえるSSサポーターの新設により、困難さを抱えた子供たちの健やかな育ちをきめ細やかに応援するとともに、充分な人手をかけて、安全で安心な放課後事業の推進を図っていきたい考えだ。
3月20日(火曜日)までに応募すれば、選考のうえ、合格者は4月から働くことが可能だ。職務内容、応募資格、勤務条件など詳細は豊島区教育委員会放課後対策課まで。
また、子どもスキップで児童の心身の健全な発達及び成長に係る遊び、生活、学習等に関する指導を行うことなどを職務とする「学童指導員」も今までどおり、随時募集中。詳しくは、同じく放課後対策課まで。

職務内容

  • 通常学級に在籍している特別な支援を要する児童に対して、学習面や行動面での支援を行う。
  • 子どもスキップにて、児童に対して、安全管理、友人関係及び遊びに関する支援を行う。

資格要件

教員免許、保育士、臨床心理士、看護師のいずれか。

報酬額

月額 236,800円(通勤手当別途支給、社会保険加入)

勤務形態(教育委員会規則の規定)

月124時間勤務(月21日以内)

基本的な勤務パターン

9時30分~13時15分(3時間45分)…学校
13時15分~14時15分(1時間)…休憩
14時15分~18時15分(4時間)…子どもスキップ
※夏休み期間等の学校休業日は、子どもスキップのみの勤務となる。

配置

放課後対策課に所属し、各学校及び子どもスキップに1名ずつ派遣(全22名)

この報道発表に関するお問い合わせ

放課後対策課

電話:03-4566-2786

 

 

 

お問い合わせ

更新日:2018年3月19日