マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 【報道発表】平成30年7月 > 日本気象協会と区が南池袋公園で打ち水効果の観測実験

ここから本文です。

日本気象協会と区が南池袋公園で打ち水効果の観測実験

日本気象協会とのFFパートナーシップ協定事業第2弾

報道発表日:平成30年7月13日

区と日本気象協会は、7月24日(火曜日)午後2時より、南池袋公園で打ち水効果の観測実験を実施する。
これは、区と日本気象協会との間で6月11日に締結したFFパートナーシップ事業の共同企画で、今回で2回目の取り組みとなる。梅雨入り前後の時期と、夏の暑さが本格化する時期の2つの日程で、打ち水実施前後の地表面の温度変化を温熱サーモカメラで測定・観測する。サーモカメラの画像を通して打ち水の効果と地球温暖化対策・熱中症対策の大切さを伝えることを目的としており、梅雨入り時期の測定・観測は6月13日に行っている。
区では、二酸化炭素などの温室効果ガスの排出量を削減する地球温暖化対策として、低炭素型の製品・サービス・ライフスタイルを賢く選択していこうという国民運動クール・チョイス(COOL CHOICE)の推進や、日本気象協会が推進する「熱中症ゼロへ」プロジェクトに2013年から協力自治体として参画しており、今回の取り組みもその一環となる。
当日は午後2時10分頃から打ち水を開始し、2時30分頃からサーモカメラで撮影した打ち水の結果を参加した区民と一緒に確認する。

日時

平成30年7月24日(火曜日)午後2時から3時
※天候により延期(予備日26日)

場所

南池袋公園(豊島区南池袋2-21-1)

FFパートナーシップ協定

「わたしらしく、暮らせるまち。」を目指し、企業と連携・協働し、お互いの強みを活かしたノウハウやリソースを活用して、女性や子育て世代・働く世代をメインターゲットとした様々な事業に取組む。昨年3月以降、7つの企業と協定を締結し、連携して実施した企画・事業数は42本、参加者数は延3,000人にものぼる。

この報道発表に関するお問い合わせ

環境政策課 電話 03-3981-2771

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

更新日:2018年7月13日