ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 【報道発表】平成30年10月 > 友好都市・ソウル特別市東大門区庁長が豊島区長を表敬訪問

マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

友好都市・ソウル特別市東大門区庁長が豊島区長を表敬訪問

~東アジア文化都市開催決定など区の文化政策のレクチャーや施設を視察~

報道発表日:平成30年10月30日

本日、友好都市・韓国ソウル特別市東大門(トンデンムン)区庁長の柳德烈(ユ・ドギョル)氏ら訪問団が豊島区長を表敬訪問した。
豊島区と東大門区との交流は、昭和57年に両区の親善協会同士が姉妹提携したことから始まり、少年野球連盟による親善試合等で、更に交流を深めてきた。その後、平成14年、豊島区と東大門区で友好都市協定を締結。平成24年には、区は行政・区議会・民間団体の代表で東大門区を訪問し、「友好協定に関する10周年宣言 合意書」を結んでいる。
今回は、東大門区から柳区庁長はじめ15名の訪問団が本区を訪れ、高野之夫区長を表敬訪問した。高野区長は「東大門区と友好都市となってから長いつきあいとなります。これから更に交流を深めていきたいです。」と話し歓迎した。その後、区が進める国際アート・カルチャー都市構想、東アジア文化都市開催決定など区の文化政策のレクチャーを行ったのち、歓迎レセプション会場において、意見交換等を行った。
なお、訪問団は明日(水曜日)まで滞在し、南池袋公園や旧庁舎跡地及び豊島公会堂跡地に整備される「Hareza(ハレザ)池袋」の建設現場、(株)アニメイトを視察予定。

日時

平成30年10月30日(火曜日)から10月31日(水曜日)まで

場所

豊島区役所、南池袋公園、Hareza(ハレザ)池袋、(株)アニメイトなど

補足事項

東大門区(同区ホームページより抜粋)
*ソウル市東部中央に位置し、韓国科学技術院や産業研究院など八つの専門研究施設と慶熙大、韓国外国語大、ソウル市立大などがある教育都市。
*面積:14.22k平方メートル(ソウル市面積の2.35%)
*人口:162,232世帯 350,556人(男174,863/女175,693) 2018年9月30日

写真

花束を贈呈し、集合写真

花束を贈呈し、記念撮影

ハートマークで記念撮影

ハートマークで記念撮影

問い合わせ先

文化観光課 電話:03-3981-1316

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

更新日:2018年10月31日