ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 【報道発表】平成31年1月 > 豊島区初!公民連携によるシェアキッチン

マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

豊島区初!公民連携によるシェアキッチン

〜トキワ荘の街、南長崎に「コマワリキッチン」オープン〜

報道発表日:平成31年1月18日

1月22日(火曜日)、豊島区南長崎2丁目のトキワ荘通りにシェアキッチン型の起業支援施設「コマワリキッチン」がオープンする。

「コマワリキッチン」は、豊島区として初めての試みとなる公民連携によるハード面の起業支援施設。本施設は本格的な調理機器を備え、菓子製造業と飲食営業許可を取得しているため、「自宅での製造販売は設備や許認可、資金面でハードルが高い」という方も、食品衛生責任者の資格取得者であれば、本施設を利用することで、自分の屋号で製造・販売が可能である。さらに、プロによる起業塾も開催されるなど創業支援サポート体制も充実しており、起業の腕試しの場として趣味や特技を活かしたビジネスにチャレンジしたい方など、「食」に関する創業を目指す方を支援する。

運営は「空き家再生」を得意とする「(株)ジェクトワン(渋谷区)」が担う。施設開設にあたっては商店街の空き店舗を活用し、現在復元が進められている「トキワ荘」からも至近であることから、地域の賑わい創出の拠点としての役割も期待される。

22日10時から、豊島区長や地元商店街、地域のまちづくりに関わるメンバー集結のもと、「オープニングイベント」を開催する。内覧のほか、施設の開設経緯の紹介、空き家再生によるまちづくりやレンタルキッチンの成功事例紹介、豊島区のまちづくりのキーマンたちによるトークセッション「空き家を活用したシェアビジネスと地域の未来」およびフォトセッションが行われる。

1月22日(火曜日)から29日(火曜日)はオープンウィークとして、豊島区内で活躍中の人気店舗が日替わりでパン、菓子、コーヒーなどを販売する。(11時から18時※出店者により時間の変更あり)

オープン初日1月22日は下記2店舗が出店

のぞみんたべものきょうしつ

子どもたちのお料理教室や大人のパン教室や特別講座(要町)

内容:洋菓子の販売

OKINA和 dining  Branchu

本場沖縄から東京初進出の沖縄料理居酒屋(池袋)

内容:沖縄料理の販売

コマワリキッチン概要

場所

南長崎2-3-3 エクウス南長崎1階

運営事業者

株式会社ジェクトワン(渋谷区渋谷1丁目7-7 住友不動産青山通ビル13階)

施設設備

業務用3口ガスコンロ&コンベクションオーブン、冷凍冷蔵庫、対面ショーケース

料金

初回登録料:10,000円(1年更新、衛生管理費など含む)

利用料 

ドロップイン会員/月5時間:15,000円/月額

シルバー会員/月15時間:21,000円/月額

ゴールド会員/月30時間:35,000円/月額

プラチナ会員/月50時間:55,000円/月額

起業塾(1コース全5回):15,000円/コース (いずれも税込)

施設ホームページ

https://komawarikitchen.jp/

補足事項

平成30年度「豊島区創業チャレンジ支援施設開設事業補助金」採択事業

写真

外観

施設外観

この報道発表に関するお問い合わせ

株式会社ジェクトワン地域コミュニティ事業部 電話:03-6427-9832

生活産業課 電話:03-4566-2742

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

更新日:2019年1月21日