ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 【報道発表】令和元年5月 > ウイロードが色彩豊かに再生!公園内での公開制作5月29日まで

ここから本文です。

ウイロードが色彩豊かに再生!公園内での公開制作5月29日まで

~光差し込む仮設スタジオで美術作家が天井パネルに命を吹き込む~

令和元年5月17日

3月8日から池袋駅前公園(東池袋1-50-23)で、美術作家の植田志保さんが行うウイロードの天井パネル描写作業が着々と進んでいる。公園に設置したスタジオでの公開制作は5月29日(水曜日)に終了予定で、7月からはウイロード壁面への直接描写を開始する。

本事業は、池袋駅北側の東口と西口を結ぶ公共地下道「ウイロード」の改修に伴い、「色」に立脚した表現活動で活躍している植田さんが、天井パネルや壁面を水性塗料で描くもの。約1年かけて地元の方々と植田さんが対話を重ね、ウイロードへの区民の想いを色にのせて表現している。

現在、45枚のパネルのうち、38枚程度まで制作が進んでいる。両面が透明なパネルで覆われ、木漏れ日が差し込むスタジオ内には、地元の方々が持ち寄った鉢植えの花々と植田さんの描いた色鮮やかな作品が飾られ、まるで植田さんのアトリエを訪れたよう。3.5m×1.7mの巨大な天井パネルが10枚並び、植田さんが筆や手で様々な色の塗料を重ねて描いている。通行中の方が興味深そうに中をのぞき見たり、植田さんに話しかける方も多く、このスタジオが公園と区民の方に馴染んでいることが伺える。

植田さんは、「昨年ウイロードを視察した際に運命的なものを感じ、どうしてもここに描かなければ、という想いを強くした」と語る。今回の制作を通し、地元の方々ともすっかり溶け込んだ植田さん。

「花や果物などの差し入れをいただいたり、直接「きれいだねぇ」と感想をいただき、区民の方と共に作っていると感じる。池袋の発展と共にあるウイロードには、区民の想いが多く、それを色として表現するのが自分の役目。パネルごとにテーマがあるが、制作中は直感を信じ、感じたままに色を重ねている。日常の中で制作の過程を見ていただくことがまさにアート。再生するウイロードも日々何気なく通る中で、5~10年後に無意識に心に届くようなものにしていきたい」と思いを語った。

天井パネル描写作業

日時:3月8日(金曜日)から5月29日(水曜日)予定

休工日:毎週日曜日(土曜日は進捗具合によって作業)

場所:池袋駅前公園(東池袋1-50-23)

今後の予定

  • 6月10日(月曜日)~6月21日(金曜日) 天井パネル設置(通行止めを伴う深夜作業)
  • 7月1日(月曜日)~10月頃 ウイロード内壁面描画

 

写真

美術作家植田志保さん

美術作家の植田志保さん

仮設スタジオの様子

仮設スタジオの様子

制作の様子

制作の様子

この報道発表に関するお問い合わせ

道路整備課

電話:03-4566-2685

お問い合わせ

更新日:2019年5月21日