マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 【報道発表】令和2年7月 > 豊島区が「SDGs未来都市」および「自治体SDGsモデル事業」に選定されました!

ここから本文です。

豊島区が「SDGs未来都市」および「自治体SDGsモデル事業」に選定されました!

令和2年7月17日

令和2年7月17日、内閣府より、SDGsへの優れた取組を行う自治体として「SDGs未来都市」に選定されました。その中で、特に先導的な取組として「自治体SDGsモデル事業」にも選定されました。ダブル選定は、東京都初となります。

区長コメント

「SDGs未来都市」および「自治体SDGsモデル事業」に選定されたことに感謝するとともに、国内の代表都市として、SDGsの新しいモデルとなる持続可能なまちづくりを進めていく決意です。

消滅可能性都市を脱却し、持続発展する都市として「誰もが主役になれる」まちを目指す「国際アート・カルチャー都市」への歩みは、SDGsの理念や将来像と、まさに考えを一つにするものです。

今後も、SDGsを通じて区の向かうべき方向性を鮮明にし、「誰をも受け入れ、誰からも受け入れられ、持続して発展する豊島区」を、区民の皆さんと一緒につくりあげてまいります。

SDGsとは

SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)は、2015年9月の国連サミットで採択された2030年を年限とする17の国際目標。地球上の誰一人取り残さない社会の実現を目指し、経済・社会・環境の諸課題を統合的に解決しようとするもの。

SDGs未来都市とは

SDGsの理念に沿った取組を推進しようとする都市・地域の中から、特に、経済・社会・環境の三側面における新しい価値創出を通して持続可能な開発を実現するポテンシャルが高い都市・地域を選定するもの。

●内閣府HP  http://future-city.go.jp/sdgs/

 この報道発表に関するお問い合わせ

企画課 電話:03-4566-2519

 

お問い合わせ

更新日:2020年7月17日