マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 【報道発表】令和3年3月 > SDGs未来都市豊島区×イケア・ジャパン株式会社 3月8日区立保育園へのおもちゃ等寄付に感謝状贈呈式開催

ここから本文です。

SDGs未来都市豊島区×イケア・ジャパン株式会社
3月8日区立保育園へのおもちゃ等寄付に感謝状贈呈式開催~SDGs・子どもや女性の支援をテーマに懇談も実施~

令和3年3月2日

この度、SDGsをはじめとした豊島区の取り組みにご賛同いただき、イケア・ジャパン株式会社より、同社の社会支援活動のひとつである「IKEA Family子ども募金(※)」を活用し、区立保育園19園におもちゃ等の寄付をいただきました。昨年SDGs未来都市に選定され、区の施策にSDGsの視点を取り入れている本区の姿勢は、イケア・ジャパン株式会社のサステナビリティの考え方に近しいことから、このたび、豊島区にご協力いただくこととなりました。

これを受けて、令和3年3月8日(月曜日)、豊島区庁舎(南池袋2-45-1)にて、イケア・ジャパン株式会社への感謝状の贈呈を行います。
贈呈式には同社よりIKEA BUSINESS Planning Studio Managerの菊池 武嗣氏らが出席され、高野之夫豊島区長より感謝状が手渡されます。

保育園の担当者は、今回の寄附に関し「保育園では、おもちゃを消毒しながら使用しており、不足することもありました。イケア製の様々な種類のおもちゃに子どもたちも笑顔で、大喜びしており、大変感謝しています。おもちゃを有効活用しながら、コロナ禍でも、引き続き保育の質向上にも努めます。」と語っています。

そして、贈呈式当日である3月8日は国際女性デー。若年女性を支援するための「すずらんスマイルプロジェクト」を立ち上げ、また、「(仮称)子ども・若者支援基金」の創設を予定するなど、若年女性や子ども・若者の支援に力を入れている豊島区と、サステナビリティ戦略として「ピープル・アンド・プラネット・ポジティブ」を掲げ、積極的に取り組んでいるイケア・ジャパン株式会社。贈呈式後、SDGsに向けた取り組み、子どもや女性の支援について懇談の場を設けております。


※IKEA Family子ども募金

IKEA Familyカードを呈示するごとに、イケア・ジャパン株式会社が10円を子どもたちのために積み立て。この積立金をもとに、店舗周辺の子どもたちの成長を支える施設を対象にイケアの商品を寄付するもの。公立保育園全園に寄付されるのは、今までにない規模とのこと。

寄附の内容

(1)目的 子どもたちの成長を支える施設への支援のため

(2)内容 イケア製おもちゃ等 約60種(延280個)

写真

寄付されたおもちゃで遊ぶ様子1

寄付されたおもちゃで遊ぶ様子①

寄付されたおもちゃで遊ぶ様子2

 寄付されたおもちゃで遊ぶ様子②

この報道発表に関するお問い合わせ

贈呈式について…「わたしらしく、暮らせるまち。」推進室 03-4566-2513
保育園について…保育課 公立運営グループ 03-3981-2028
すずらんスマイルプロジェクト・(仮称)子ども・若者支援基金について…子ども若者課 管理・計画グループ 03-4566-2471 

 

 

お問い合わせ

更新日:2021年3月2日