ここから本文です。

セーフコミュニティ活動とは

セーフコミュニティのマーク画像

警察や消防をはじめ、地域の皆さんによる様々な活動によって、犯罪や交通事故は減少し、豊島区の安全は全体として着実に高まってきました。

その一方で、高齢者や子どもの事故の多様化、虐待やDV、自殺等の増加、さらには地震災害や詐欺、モラルの問題、感染症など、暮らしの安全・安心をめぐる課題は次第に複雑化してきています。

セーフコミュニティとは、「けがや事故等は、決して偶然の結果はなく、原因を究明することで予防できる」という考え方のもと、地域のコミュニティや絆を広げながら、生活の安全と健康の質を高めていくまちづくり活動です。

セーフコミュニティは、これまでの活動を活かしながら効果を高めていく活動です

セーフコミュニティは、新たに特別な活動をはじめるのではなく、これまでの地域活動や事業を大切に活かしながら、「予防」に重点を置き、効果的な工夫や横の連携を取り入れていく活動です。

予防対策の効果を高めるために、子どもから高齢者まで、まず、けがや事故等の状況や傾向を調べることからはじめます。そして、地域の安全課題を明らかにして情報を共有します。

事故や犯罪、暴力、災害に関する「予防」の取り組みは、一人ひとりの住民や地域のコミュニティの取り組みが何より重要です。安全を起点として、地域の様々な活動や団体の新たな結びつきを広げていきます。

二つの心臓で活動を継続

豊島区のセーフコミュニティ活動には、継続に向けたエネルギーを供給し続ける二つの心臓があります。

一つは、10項目の重点課題に対応した「対策委員会」です。そして、もう一つは、セーフコミュニティの拠点として、小学校単位で設置する「地域区民ひろば」です。

「対策委員会」では、区民、行政、専門家が集まり、データ分析に基づく現状と課題の整理、分かりやすい情報提供を行うとともに、予防に関する改善策や学習プログラムを生み出します。

そして、「地域区民ひろば」では、「対策委員会」と連携し、各重点課題に関する情報、学習プログラムや相談の機会を提供し、幅広く区民にセーフコミュニティ活動を広げる役割を果たします。

高密都市である豊島区では、「安全・安心」があらゆる政策の基盤であるとの考えに立ち、自治の最高規範である「自治の推進に関する基本条例」に、「セーフコミュニティ」と「地域区民ひろば」を位置づけ、参加と協働のまちづくりを進めています。

対策委員会

280406kuminhiroba3

 関連情報

ISCCC(インターナショナルセーフコミュニティ認証センター)のページ[英文](新しいウィンドウで開きます)

お問い合わせ

更新日:2016年4月6日