ホーム > 区政情報 > 入札・契約 > 入札関連情報 > 入札・契約等に関するお知らせ > 平成25年度公共工事設計労務単価に係る特例措置について

マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

平成25年度公共工事設計労務単価に係る特例措置について

豊島区では、技能労働者への適切な賃金水準の確保に関する国からの要請を踏まえ、下記のとおり、平成25年度公共工事設計労務単価に係る特例措置を講じることとしましたので、お知らせします。

受注者の皆様には、特例措置の趣旨をご理解いただき、下請企業との間ですでに締結している請負契約の金額の見直しや技能労働者への賃金水準引上げ等について、適切に対応されるようお願いします。

1 対象工事

平成25年4月1日以降に契約を行う工事のうち、平成24年度公共工事設計労務単価(以下「旧労務単価」という。)を用いて予定価格を積算しているもの。

ただし、2の契約金額の変更の協議が整う以前に支払手続き済みの場合は、対象外とする。

2 特例措置の内容

受注者は、工事請負契約約款第53条等の規定に基づき、旧労務単価に基づく契約を平成25年度公共工事設計労務単価(以下「新労務単価」という。)に基づく契約に変更するための契約金額の変更の協議を請求することができる。

3 契約金額の変更

変更後の契約金額は、次の方式により算出する。

変更後の契約金額=新労務単価により積算された予定価格×当初契約の落札率

4 請求期限

受注者からの契約金額の変更の協議の請求期限は、契約日から2か月以内とする。ただし、契約日が平成25年4月中の場合は、同年6月末までとする。

なお、契約金額の変更の協議は、書面により速やかにお願いします。

5 その他

契約金額の変更の協議の対象となる工事契約については、契約課から個別に受注者あて連絡します。

関連情報

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日