ホーム > 区政情報 > 入札・契約 > 入札関連情報 > 入札・契約等に関するお知らせ > 建設工事等発注案件の予定価格の公表方法を変更します【平成22年4月1日更新】

マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

建設工事等発注案件の予定価格の公表方法を変更します【平成22年4月1日更新】

予定価格事後公表の試行について

 豊島区は、これまで建設工事等の入札を行う場合、予定価格が1,500万円を超える案件には予定価格を事前公表してきましたが、予定価格を事前公表すると、その金額が目安となって競争が制限されること、入札参加者の見積努力を損わせる等のことが指摘されています。そこで、適正な競争を確保するため、下記により建設工事等の入札に係る予定価格を事後公表することとしましたのでお知らせします。

試行の内容

  1. 予定価格250万円から1,500万円未満は従前どおり事後公表とする。
  2. 予定価格1,500万円以上の案件のうち、豊島区指名業者選定委員会において事後公表と決定した案件に限って事後公表とする。
  3. 前項の事後公表は、平成22年4月2日付一般競争入札の公告分から試行的に実施することとする。

お問い合わせ

更新日:2015年3月17日