ホーム > 防災・安全 > 防災・災害対策 > 安全なガスの利用について

ここから本文です。

安全なガスの利用について

東京ガス株式会社から、安全なガスの利用についてのご案内です。地震等災害時だけでなく、停電時や日常生活におけるガスの安全利用について知るとともに、いざというときに冷静に対応できるよう、安全なガスの利用についてご確認ください。

室内を換気しましょう

ガス機器は新鮮な空気が必要です。ガス機器をご使用の際は、必ず換気扇を回すか、窓を開けて換気してください。

ガス臭いときの対応

ガス漏れの可能性があります。以下の4点に注意して「ガス漏れ通報専用電話」に連絡しましょう。

  1. 火気厳禁。
  2. 着火源に触れない。
  3. 窓を開け、部屋の空気を入れ替える。
  4. ガス栓を閉める。
【ガス漏れ通報専用電話】

0570-002299(NTTナビダイヤル)

PHS・IP電話の場合03-6735-8899

受付時間:365日24時間(ガス漏れの場合のみ連絡してください)

地震の際の対応

1.地震が起きたらまずは身の安全を確保してください。

(震度5程度以上の地震の際、ガスメーターが自動でガスの供給を停止します。)

2.揺れがおさまったら、ガスの火を止め、使用中のガス器具の器具栓・ガス栓を閉めてください。

3.地震がおさまってから、給排気設備等を確認してください。

  • 排気筒(煙突)の確認~内部に異物がつまっていないか、穴があいていないか、器具から外れていないか
  • 給気口が物でふさがれていないか
  • ガス器具の外れ・くぼみ・ゆがみはないか
  • ガス器具の接続に外れがないか

4.停電のときの対応

停電時に使用できるものとできないものがありますので、ご家庭のガス機器を確認してください。

(停電時は換気扇は使えませんので、窓を開けて十分に換気をしてください。)

5.再びガスを使うときは

ガスメーターの安全機能が作動してガスが停止した時は、簡単な操作で再びガスを使用することができます。

詳しくは、「ガスご利用ガイド(PDF:2,378KB)」をご覧ください。

 

その他、ご家庭のガス利用方法等については、東京ガスホームページをご確認ください。


 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

更新日:2015年12月21日