マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

消防団の運営

消防団は、区民の生命・身体・財産を災害から守り、災害による被害を最小限にとどめることを任務としています。豊島区には、豊島消防団と池袋消防団の2つの消防団があり、両消防団あわせて約450名(定員)の団員が、有事の際に出動し消防活動を行なっています。
区では、消防団活動、特に震災時における活動の重要性を鑑み、団員の処遇や装備の改善を図るため、両消防団に対して、助成金の交付並びに装備品の支給などの援助を行なっています。

消防団ホームページ(東京消防庁)(新しいウィンドウで開きます)

消防団の活動

災害活動

火災、地震、台風などの災害は、時と場所選ばず私たちを襲います。災害が発生した場合には、消防署と一体となって迅速に消火活動を行い、街と住民を守ります。

地域と連携した活動

火災予防運動、防災週間や地域の催し物が行われるときに、災害を未然に防止するため火災予防の呼びかけや警戒活動を行います。

地域の防災リーダーとしての活動

大規模地震発生時には、多くの災害や負傷者の発生が予測されます。消防団員は住民一人ひとりの防災行動力を高めるため、出火防止、初期消火、応急救護などの指導を行っています。

普段からの教育・訓練

災害活動には、専門的な知識と技術が必要です。消火訓練や救助、救護訓練を行い、消防団の災害活動力を高めています。

消防団員の募集

18歳以上の区内在住・在学・在勤者で健康な人であれば、誰でも入団することができます。詳細は、各消防署へお問い合わせください。

お問い合わせ

更新日:2018年1月5日