ここから本文です。

避難の心得

避難は最後の手段です。大火災などの危険がなければ、避難の必要はありません。

しかし、強風などの悪条件が重なって火災が拡大延焼し、生命の安全がおびやかされるといった状況下では、避難は最も緊急を要することになります。

いつ避難を始めるか

  • 初期消火ができず、火が燃え広がる危険が大きいとき。
    (まず、自分の家の火の始末や、近所の消火が先決です)
  • 区や警察署・消防署などの指示があったとき。
  • 周囲の状況から避難の必要があると判断したとき。
    (建物倒壊の恐れがあるなど)
  • 避難をする際には、停電が復旧した時に破損した電気器具より発火する恐れが有る為、家の電気のブレーカーを切っておく。

どんな方法で避難するか

  • 避難は徒歩で、荷物は最小限にする。
  • 地域防災組織を中心に、一時集合場所へ避難する。
    (注釈)一時集合場所は、小中学校(救援センター)が選定されています。
  • 警察官、地域防災組織リーダーなどの誘導に従って、指定された避難場所へ行く。

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日