ホーム > 防災・安全 > 防災・災害対策 > 予防・啓発 > 自主防災組織 > 地域防災組織の運営・活動

マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

地域防災組織の運営・活動

地域防災組織とは

大震災などの災害に立ち向かうには、行政や区民一人ひとりではおのずと限界があります。そのために地域の人々が協力しあって災害に立ち向かうことが必要です。

地域防災組織とは、地域社会における防災という共通の目的のもとに、町会や自治会組織などを単位として構成されるものです。

豊島区では、既に129の地域防災組織(全町会)が結成されています。地域防災組織の活動等については、防災課までお問い合わせください。

防災リーダー

地域防災組織が生き生きと活動し、災害に対して有効に機能するためには、中心となって組織をひっぱるリーダーが必要です。そこで、地域防災組織の会長、防災部長をはじめ、それぞれの部長(班長)クラスまでを含めた指導的役割を持つ人をいいます。

地域防災組織の構成図

地域防災組織の構成図

地域防災組織の訓練

個別訓練

  • 情報連絡訓練
  • 消火訓練
  • 救出・救護訓練
  • 避難誘導訓練
  • 給食・給水訓練

お問い合わせ

更新日:2015年2月17日