ホーム > 防災・安全 > 治安・防犯 > 公益通報者保護制度

ここから本文です。

公益通報者保護制度

公益通報者保護制度とは

 公益通報者保護制度とは、労働者が自分の事業所の法令違反行為等を、次のいずれかに通報することをいいます。通報することにより、解雇等の不利益取扱いから保護されるものです。

 (1) 事業者内部(勤務先等)

 (2) 処分等の権限のある行政機関

 (3) その他(マスコミ等)

通報方法

 豊島区に通報される場合は書面にて、住所・氏名・電話番号・内容を明記した上で、窓口に持参されるかご郵送ください。なお、匿名・電話・メール等では受付ができません。制度の詳細は、消費者庁公益通報者保護制度のウェブサイト(下記関連リンク参照)をご覧ください。

 


 

更新日:2019年3月5日