ホーム > 防災・安全 > 防災・災害対策 > 防災情報 > 防災行政無線による緊急情報伝達訓練の実施について

ここから本文です。

防災行政無線による緊急情報伝達訓練の実施について

区では、全国瞬時警報システム(Jアラート)で送られてくる地震、津波などの緊急情報を区民の皆さんに迅速かつ確実にお伝えできるよう、国と連携した緊急情報伝達訓練を実施します。

  • 実施日時…11月14日(火曜日)午前11時
  • 訓練の対象…防災行政無線、戸別受信機、区のホームページ・安全安心メール・ツイッター・フェイスブック・サイネージ
  • 訓練の放送内容…防災行政無線及び戸別受信機
    「(防災行政無線のチャイム)。これは、Jアラートのテストです(3回)。こちらは防災豊島区です(防災行政無線のチャイム)」
  • 訓練の配信文…区のホームページ・安全安心メール・ツイッター・フェイスブック・サイネージ
    「これは、Jアラートのテストです。」
    留意点…この緊急情報伝達試験は、全国一斉に行われます。地域によっては、他区からの防災行政無線の放送が聞こえる可能性があります。

全国瞬時警報システム(Jアラート)とは

弾道ミサイル情報、津波情報、緊急地震速報など、対処に時間的余裕のない事態に関する情報を国(内閣官房・気象庁から消防庁を経由)から送信し、市町村防災行政無線(同報系)等を自動起動することにより、国から住民まで緊急情報を瞬時に伝達するシステム

なお国民保護全般については、内閣官房の国民保護ポータルサイト(新しいウィンドウで開きます)をご覧ください。

更新日:2017年11月15日