ホーム > 区政情報 > 男女共同参画 > ワーク・ライフ・バランスの推進 > ワーク・ライフ・バランス・フォーラム開催実績(平成20年度~26年度)

マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

ワーク・ライフ・バランス・フォーラム開催実績(平成20年度~26年度)

平成26年度「人生が楽しくなる!瀬地山流笑顔の法則―家庭も仕事もうまくいく!ワーク・ライフ・バランスフォーラム」―※終了

瀬地山先生

日時

平成27年3月6日金曜日午後6時~9時

会場

勤労福祉会館6階大会議室

対象

一般(WLBに関心のある方)、経営者、人事労務担当者

定員

100名

第1部基調講演

仕事、結婚、子育て、介護、老後など、これからの人生に心配や不安を抱えている方へ、一緒に笑って考えてみませんか。きっと良いヒントが見つかります。

(講師):瀬地山角氏/東京大学大学院総合文化研究科教授

第2部参加者による交流会

参加者同士で交流を深め、職場の枠を超えたネットワークをつくりませんか。※瀬地山角氏も参加します。

みなさまのご参加をお待ちしております。申込みは下記のチラシを参照してください。

開催報告

講演会

多くの方のご参加ありがとうございました。(参加人数:87人)

【第1部】基調講演では、男性の家事・育児時間に関する問題、それらの問題と社会の関係、解決策としてのワーク・ライフ・バランス導入について、子育てと仕事の両立を実例を交えながらお話しいただきました。
講演に対してはさまざまな感想が寄せられ、「ワーク・ライフ・バランスに対する考え方が180度変わった。自分自身残業が突出しているので減らすよう取り組みたい」「実体験を交えながらのお話はとても厚みがあり共感でき、わかりやすかった」「ここまで社会的背景、マクロ的視点からワーク・ライフ・バランスの話を聞いたことがなかった。仕事に悩んでいたがフッ切れました」「楽しかったです。笑顔になれました」など、満足感の伝わるご感想をいただき、盛況のうちに終わりました。

交流会

【第2部】(参加人数:26名)

交流会では、第1部の内容に関連して「男性の家事・育児時間を増やすためには」をテーマに、参加者同士で交流を深めネットワークづくりを行いました。また、瀬地山さんと第1部の基調講演で質問できなかった家庭や仕事に対する悩みや今後の働き方などについても皆さんで共有することができました。

平成25年度「働く!育てる!暮らす!ワーク・ライフ・バランス」※終了

伊藤綾さん

日時

平成26年3月14日金曜日午後6時30~8時30分

会場

勤労福祉会館6階大会議室

対象

一般、中小企業経営者、人事労務担当者、働き方に関心のある方

定員

100名

第1部基調講演

「ダイバーシティ3.0“非連続成長”の時代に、大切なこと」

子育てと仕事の両立などワーク・ライフ・バランス実現のためのノウハウをお話いただきます。

(講師):伊藤綾氏/結婚情報誌「ゼクシィ」統括編集長

第2部参加者による交流会

「働く女性の仲間を作ろう」~女性交流会~

イキイキと働き続けたい女性、職場の枠を超えてつながりたい働く女性による情報交換会。交流を深めネットワークをつくる。※伊藤綾氏も参加します。

みなさまのご参加をお待ちしております。申込みは下記のチラシを参照してください。

開催報告

フォーラム第1部の様子

多くの方のご参加ありがとうございました。(参加人数:63人)

【第1部】基調講演では、伊藤さんご自身の実際のスケジュール帳を紹介していただいたり、打合せ時間は30分にしたり、40分前行動をすることなど、今後働いていくのにとても参考になる、具体的なワーク・ライフ・バランスの取り組み方をお話いただきました。「仕事をしていない時に見たものが仕事に活きる」「自分を大切にすることは、人の為であること」など印象に残る言葉がたくさんありました。また、子育てと仕事を両立されてきたご自身のご経験をお話いただき、子育て世代の方々から「仕事をしていくうえで、子どもがいることがハンディになると思っていたが、子育てしているから発見できることもたくさんあるこがわかった」「もう一度仕事をしたい」「2人目の子どもを産もうと思った」など伊藤さんのお話を聞いて、勇気づけられたというご感想を数多くいただきました。

女性交流会の様子

【第2部】(参加人数:22名)

女性交流会では、伊藤さんと第1部の基調講演で質問できなかった仕事に対する悩みや今後の働き方などざっくばらんに話合うことができました。また、参加者の名刺交換を通して働く女性の横の繋がりができたと思っております。今後、参加いただいたみなさんのネットワーク化をさらに進めていきたいです。

平成24年度「実践あるのみ!ワーク・ライフ・バランス」

岩田喜美枝さん

日時

平成24年10月31日水曜日午後2時~5時

会場

勤労福祉会館6階大会議室

対象

経営者、人事労務担当者、働き方に関心のある方

定員

200名

第1部基調講演

「ワーク・ライフ・バランスのすすめ」~社員の元気は会社の元気~

ワーク・ライフ・バランスの概論、取り組み方、導入のメリット、働き方の改革について等を実例を交えながらお話していただく。

(講師):岩田喜美枝氏/株式会社資生堂顧問、財団法人21世紀職業財団会長

第2部参加者による交流会

「みんなの働き方を知りたい!女性交流会」

フォーラムに参加した企業の女性職員で、働き方について情報交換し、交流を深めていただき、ネットワーク化を図る。

コーディネーター:岩田喜美枝氏

[第1部基調講演]

開催報告

多くの方のご参加ありがとうございました。(参加人数:96人)

【第1部】基調講演では、「ワーク・ライフ・バランスの必要性」や「ワーク・ライフ・バランスの実現方法」について、岩田さんご自身の体験や経験に基づいてお話いただきました。「長く働いている人を評価するのではなく、時間当たりの生産性の高い人を評価する」という言葉が大変印象に残りました。また、働いている女性達に対して「仕事を辞めてはいけない」という説得力のあるお言葉いただき、ご参加されていた方々からも「大変わかりやすかった」「勇気をもらった」など多くの絶賛のお言葉をいただきました。

「第2部女性交流会」

【第2部】(参加人数:41名※うち男性4名参加)

女性交流会では、「働きやすい職場にするためにできること」をテーマに、6~7人のグループで議論していただき発表していただきました。女性同士という事もあり、議論は大変盛り上がり様々な意見が出てきました。岩田さんからも結婚や育児で仕事を辞めるのではなく、自分のパートナーの協力を得ながら、あきらめずに仕事を続けて、自分自身がロールモデルになるという気持ちを持つことが必要であるという強いお言葉をいただきました。また、その後のフリートークの時間もさらに盛り上がりました。今後、参加いただいた皆様のネットワーク化を図りたいと考えています。

平成23年度「聴かなきゃ損!ワーク・ライフ・バランスの実践」

小室淑恵さん

日時

平成23年10月26日水曜日午後1時30分~4時30分

会場

勤労福祉会館大会議室

対象

経営者、人事労務担当者、働き方に関心のある方

  • 基調講演「~新しい人事戦略、欠員補充ゼロの職場術~」
    講師:小室淑恵氏/株式会社ワーク・ライフバランス代表取締役社長
  • シンポジウム「我社(うち)もやってますワーク・ライフ・バランス!~豊島区ワーク・ライフ・バランス認定企業からのメッセージ~」
    パネリスト:平野吉彦氏/東京信用金庫人事部副部長
    四元千佐子氏/株式会社ゼネット総務部マネージャー
    小室淑恵氏/株式会社ワーク・ライフバランス代表取締役社長
    コーディネーター:笠原智子氏/株式会社インテリジェンスキャリア研修講師
  • フォーラムチラシ(PDF:1,687KB)
    (フォーラム開催の詳細をご覧になれます。)

H23WLBフォーラム「基調講演」

開催報告

多くの方のご参加、ありがとうございました。(参加人数:186名)

基調講演では、『これから訪れる介護時代に向けて、定時内で仕事を終え残業なしで帰宅することの重要性』、『WLBを取り入れていくことはなぜ必要なのか』、『定時内で仕事を終えるやり方=働き方の見直し』など、多くの企業が抱える課題をあげ、わかりやすくお話してくださいました。大企業、中小企業に問わず、WLBを取入れることは働く側のやる気を起こし、会社の業績にもプラスとなることを実感した時間でもありました。

H23WLBフォーラム「シンポジウム」

シンポジウムでは、『休業・休暇制度を充実させた経緯』、『WLBをどのように取組んでいるのか』、2社の企業の実状を聴かせていただきました。参加者からは、具体例を聴けたことで、現会社の問題点、改善策等の参考になったとの感想を多くいただきました。

平成22年度「実例から学べ!ワーク・ライフ・バランスフォーラム」

平成22年度フォーラム会場の様子

平成22年度ワーク・ライフ・バランスフォーラムを開催しました。定員を超える107名の参加がありました。

日時

平成22年11月2日火曜日午後2時~午後5時

会場

勤労福祉会館大会議室

対象

経営者・人事労務担当者および働き方に関心のある方

  • 基調講演「データから読み解く!ワークライフバランス活用術」
    講師:渥美由喜氏/株式会社東レ経営研究所ダイバーシティ&ワークライフバランス研究部長
  • シンポジウム「我社(うち)、W.L.B.やってます。」
    ―豊島区ワーク・ライフ・バランス推進認定企業からのメッセージ―
    パネリスト:冨田淳子氏/宝印刷株式会社人事部長
    パネリスト:鳥越雅人氏/徳力建設工業株式会社代表取締役
    コーディネーター:渥美由喜氏/株式会社東レ経営研究所

フォーラム会場の様子

内容

さまざまな企業におけるワーク・ライフ・バランス、多様な働き方への工夫の実践事例を取り上げ、自社で取り組むワーク・ライフ・バランスのスモールステップ(=小さな一歩)へのヒント、考えるきっかけを提供することを目的とし、基調講演とシンポジウムを行った。
シンポジウムでは平成21年度よりスタートした豊島区ワーク・ライフ・バランス推進企業認定制度で、認定を受けた企業2社にパネリストとして登壇いただき、実際の取り組み内容や工夫した点、苦労された点などを伺った。
参加者からは「具体的な例が多く取り上げられていてとてもわかりやすかった」「自社の取り組みと比較検討を実施する好材料となった」「取り入れられる取り組みを順次導入していきたい」といった積極的な意見が寄せられた。

平成21年度「会社を元気にする働き方の見直しワーク・ライフ・バランスへの第一歩」

平成21年度フォーラム基調講演風景

平成21年11月6日にワーク・ライフ・バランスフォーラムを開催しました。たくさんのご参加ありがとうございました。

第1部基調講演

「今だからこそワーク・ライフ・バランス」
[講師]
竹信三恵子氏(朝日新聞社編集委員)

第2部シンポジウム

「ワーク・ライフ・バランスへの着眼点」
[パネリスト]
田中恭代氏(旭化成株式会社人財・労務部EO推進室部長)
峯村剛氏(巣鴨信用金庫人事研修部長)

経済不況の折、ワーク・ライフ・バランスの推進は難しいという事業所からの声も聞かれます。
日本はなぜワーク・ライフ・バランスがくずれた社会なのか―「働き方」を取り巻く課題や、企業・個人・行政などが、それぞれに出来ることについて、昨今の労働事情に詳しいジャーナリストを講師としてお招きし、企業を交えワーク・ライフ・バランスへの取り組みの糸口を探りました。

平成20年度「会社を元気にする!ワーク・ライフ・バランスフォーラム」

平成20年度フォーラム風景

平成20年10月30日にワーク・ライフ・バランスフォーラムを開催しました。

第1部基調講演

「経営戦略としてのワーク・ライフ・バランス」
[講師]
木谷宏氏(学習院大学経済学部特別客員教授)

第2部シンポジウム

「プロフェッショナルからヒューマンへ」
[パネリスト]
安藤哲也氏(NPO法人ファザーリング・ジャパン代表)、
片倉恵美子氏(株式会社博報堂エルダービジネス推進室)、
河村忠明氏(日本アイ・ビー・エム株式会社)

それぞれの体験を基にワーク・ライフ・バランスの重要性についてお話いただきました。企業のワーク・ライフ・バランス推進の必要性を身近なこととして捉えなおし、働き方を変えて、家庭で、会社で、地域で、男女がともに幸せに自分らしく生きていくことへのヒントにしました。

フォーラムパネリストの紹介と終了時アンケート(抜粋)(PDF:150KB)

関連情報

ワーク・ライフ・バランスをもっと知りたい方へ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

更新日:2016年12月12日