ホーム > 区政情報 > 男女共同参画 > ワーク・ライフ・バランスの推進 > 第4期ワーク・ライフ・バランス推進認定企業

マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

第4期ワーク・ライフ・バランス推進認定企業

第4期豊島区ワーク・ライフ・バランス推進企業として認定しました7社を紹介します。
(認定番号取得順に紹介)

大光電設株式会社

大光電設株式会社様認定書授与風景

代表者名

代表取締役
大友正様

従業員数

72名(女性:8名、男性64名)

業種

電気工事業

特徴的な取り組み

毎年3月に新年度の年間予定(DAIKOCALENDAR)を定めている。3月末から4月上旬のお花見から始まり、5月の社員旅行、8月のビール大会、9月のゴルフコンペ、電設建保野球大会、10月のいも煮会、12月の忘年会などこれらを全社員で構成する組織(大光会)で企画して執り行い、社員間の親睦を深めながら楽しく働ける職場づくりを目指している。ゴールデンウィーク、8月の旧盆などの平日に有給消化推奨日を設定し長期休暇取得を推奨している。また、地域の環境美化活動に積極的に取り組み、昨年12月に豊島区より感謝状いただいたりとさわやかな街づくりにも貢献している。

株式会社テービーケイ

代表者名

代表取締役
小島裕幸様

従業員数

21名(女性:5名、男性:16名)

業種

ビルメンテナンス業、設備管理、警備業務

特徴的な取り組み

女性が活躍できる職場環境を整えるために、子育て支援となる諸制度(産前産後休暇・育児休業・短時間勤務制度等・子の看護休暇制度)について会社で作成した『会社のルールブック』を活用して入社時に周知している。また入社後も諸制度を利用しやすい職場環境を維持するために、管理職に対して年1回、社外の専門家を招いて管理職研修を開催し、管理職の子育て支援諸制度についての理解を促進している。またやむなく子育て等を理由に退職した社員に対して、本人の希望による再雇用制度も導入し、優秀な人材の活用も図っている。

東京信用金庫

東京信用金庫様授与風景

代表者名

理事長
半澤進様

従業員数

726名(女性:232名、男性:494名)

業種

金融業(信用金庫)

特徴的な取り組み

地域の皆さまから『最も身近で、最も頼りにされる金融機関』となることを目指している。そのために、職員がやりがいを持ちながら、安心して仕事ができる職場環境づくりをしている。主な取り組みとして、リフレッシュ休暇や定時退店日の設定のほか、育児休業制度、短時間勤務制度、介護休暇制度を充実させており、育児休暇制度については子が2歳になるまで取得することができ、制度を利用する職員も年々増加している。今後も、職員が働きやすい環境を整え、さらにワーク・ライフ・バランスを推進していく。

株式会社九電工東京本社

株式会社九電工様授与風景

代表者名

取締役副社長執行役員東京本社代表
西村松次様

従業員数

367名(女性:22名、男性:345名)

業種

建設業

特徴的な取り組み

当社では、メモリアル休暇(誕生日や結婚記念日)やリフレッシュ休暇、山越え休暇(繁忙期終了後、まとめて休暇取得)といった計画年休制度により、年休取得を積極的に促進し、労使が双方で意見や知恵を出し合ってワーク・ライフ・バランス各種施策に取り組んでいる。また、育児支援制度について社内ネットワークなどで周知を行ったり、コンプライアンス教育や各種研修・会議を通じて、セクハラやパワハラ防止の意識を高める取り組みを進めている。

株式会社メイユウビルド

株式会社メイユウビルド様授与風景

代表者名

代表取締役
高尾尊様

従業員数

10名(女性:2名、男性:8名)

業種

建築一式工事業

特徴的な取り組み

10年後に生き残る建築工事業者のあり方を模索する中で、ワーク・ライフ・バランスに出会った。当初は女性が働きやすい職場環境の整備と、男性職員の育児休暇制度取得から始まった。前回の設定から2年が経ち「今後ますます深刻になる介護目的の勤務軽減」という全職員共通の課題に取り組んでいる。突然の欠員や、これに伴う他職員の勤務時間増が予測されるなか、営業・事務担当の業務負担の見直しや、若手現場マンの育成を通して、通常業務の時間短縮が可能となるなど成果があらわれ始めた。これからも、社員各員のスキルアップを図り、仕事と生活の質の向上による強い組織を目指していく。

株式会社地域計画連合

株式会社地域計画連合様授与風景

代表者名

代表取締役
江田隆三様

従業員数

39名(女性:16名、男性:23名)

業種

建設コンサルタント

特徴的な取り組み

現在、本社勤務のほかに、地方で在宅勤務する女性職員2名がテレビ電話(スカイプ)等を活用した会議参加やネット経由によるデーターベース共有等で業務にあたっている。また短時間勤務やフレックスタイム制度を活用し、職員一人ひとりが自らの生活スタイルに合わせて、生き生きと働き続けられる職場となっている。一人の生活者としての実感やライフスタイルを大切にする社内の風土・一人ひとりの視点を活かし、まちづくり(防災・復興等)から福祉まで、幅広い分野で地域に提案するコンサルティング業務を行っている。

株式会社ゼネット

株式会社ゼネット様授与風景

代表者名

代表取締役
四元一弘様

従業員数

126名(女性:26名、男性:100名)

業種

ソフトウエア開発

特徴的な取り組み

「働く社員とその家族が、誇りを持てる会社」との考えから、特別休暇に出産立ち会い休日を設定、子ども手当ての創設や、「豊島ものづくりメッセ」への毎年の出展を家族が会社を知る機会の一つと捉え、来場した社員やその家族に、一日過ごせるサンシャインの施設のチケットを進呈したりと、新たな取組みも展開中である。また、女子会など懇親会を定期的に開き、女性社員の現状把握や女子同士のネットワークづくりにも、取り組んでいる。プロジェクト休暇はプロジェクトの切れ目にまとまった休暇が取れるように有休のほかに3日間の休暇を設定している。この休暇は、現場の裁量で取れる夏休み休暇として積極的な取得が出来ている。

更新日:2017年5月20日