ホーム > 豊島区新庁舎 > これまでの建設地の様子(平成24年1月~3月)

ここから本文です。

これまでの建設地の様子(平成24年1月~3月)

平成24年1月~3月の建設地の様子

平成24年3月

平成24年3月28日現在の建設地の写真

写真は山留め工事の様子です。山留めとは、地下を掘る前に建物の地下の周りに壁を作り、土や水の流入を抑えることをいいます。建物の地上部分全周の壁を作ったのち、杭を築造し、地下を掘り始めます。今回の山留めは、SMW工法で行いました。

SMW(ソイルミキシングウォール)は、土とセメントを混ぜながら地中に穴を掘り、補強の鉄骨(H形鋼)を入れます。この工法は、止水性が高く、壁の変形が少ないため、周囲の地盤沈下が少なく安全性の高い工法です。(平成24年3月28日撮影)

平成24年2月

平成24年2月24日現在の建設地の写真

山留め工事が始まりました。(平成24年2月24日撮影)

平成24年1月

平成24年1月10日現在の建設地写真

旧日出小学校など既存の建物の解体工事がほぼ終了しました。(平成24年1月10日撮影)

お問い合わせ

更新日:2017年12月27日